俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

じんわりと襟湿りたる九月尽

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝晩は寒いくらい涼しいけど、まだ日中は蒸れる時もありますね。

最新の添削

「じんわりと襟湿りたる九月尽」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ささゆみ様、いつもお世話になってます。

御句、この時期は涼しいのに汗をかく、または暑いのにひんやりする、という複雑な気候ですね。そしてそれは、首すじとか襟元で感じることが多いようです。つい先日も、三月幸暁さんという方が「首すじ撫でる手ひんやり初風か」という句をお詠みになりました。首すじに秋の訪れを感じた句でしたが、ささゆみさんは、これと反対に、襟元に夏の名残りを感じたわけですよね。この時季ならではのことで、それが九月尽という季語と相まって不思議な雰囲気を醸し出しています。
上手い句作りだと思いました。

「蒸れる」という言葉から、次のような句が浮かびましたので置かせてください。
・襟元のボタンを外す九月尽

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「じんわりと襟湿りたる九月尽」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「襟が湿る」というところを、もう少し「汗」に近い雰囲気を出したいですね。
コメントから「蒸れる」拝借します。

・襟元の蒸れたる日差し九月尽

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

そのマスク初さぬほうが夢がある

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

水有れど無き如く湧く泉なり

作者名 やす 回答数 : 2

投稿日時:

野分とは小さきほどに長居せり

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『じんわりと襟湿りたる九月尽』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ