俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

克ちて呑む父の笑顔や祈る月

作者 虎馬  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

闘病中の父が、完治して笑顔で酒を楽しめるよう月に祈っている自分を句にしました。説明調になっていないか、他に表現方法があるかご教示ください。

最新の添削

「克ちて呑む父の笑顔や祈る月」の批評

回答者 なおじい

キキ坊さん、こんにちは。
御句の感想と提案句を置かせていただきます。

何よりもお父上の一日も早いご快復をお祈り申し上げます。
日本中で多くの人が名月に願い事をしたと思いますが、親御さんのご快復を願ったと聞いて感心し、すみませんが嬉しく思っています。

ただ、そのお気持ち、コメントからは伝わるものの、俳句からはなかなか捉えにくかったです。
その理由はイサクさんがわかりやすく解説してくださっていますので、「その通りです」でも済んでしまうのですが、重複承知で私にも言わせてください(笑)。

「克ちて」。「勝ちて」ではないですから、何かを克服して、ということは伝わります。
「呑む」。「飲む」ではないですから酒だとわかります。
「父の笑顔や」。「ああ、父さんの笑顔っていいなぁ」といった感じですね。
ここまでで、「お父さんが何かを克服してお酒を飲んでいる。ああ、いい笑顔だなぁ」という情景が浮かびます。悪くないですよね。
ところがこの後の下五でわからなくなります。
「祈る月」。「え?お月さまが祈るの?」「いや、月に祈るでしょう。でも誰が何を?」
ここで前に戻り、あ、そうか、「父の笑顔」は、まだ願望の段階なのか。実現していないんだ。上五中七はお祈りの中身の説明なのか…。

おっしゃりたいことは理解しましたので、私なりの提案句を置かせていただきます。

・月愛でつ父の快気を祝ひたし

今日のような月を見ながら、早く父さんと快復祝いのお酒を飲みたいな、という意味ですが、いかがでしょうか?

どのようなご病気かわかりませんが、お父上への励ましを俳句に詠むというのも一つのテーマになると思います。
ご快復への願いが一日も早く通じますように。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「克ちて呑む父の笑顔や祈る月」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。

まずはお父様の健康を祈願いたします。お気持ちお察しいたします。

俳句は俳句で、コメントさせていただきます。
初心者さんなのかどうかわかりませんでした。それなりに勉強されている方という前提でコメントを残します。
◆「克ちて」・・何に克つのかわかりません。前書きで「父の病」などの説明があればともかく、です。
◆「~や祈る月」・・切れ字「や」で切った後に自分の動作「祈る」、その後に季語「月」という流れが少しちぐはぐです。
◆「自分が祈る」のか、「呑む父」なのか、それぞれに絞って句を作った方が良いですね。気持ちや事実を全部を一句に入れようとすると、どうしても説明調になります。
◆季語は「月」で問題ないと思います。

・呑む父や病に勝ちて今日の月
・床につく父と呑みたき良夜かな
・十五夜の父を思ふて酒を買ふ

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「克ちて呑む父の笑顔や祈る月」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

御句、お父様の早くの完治をお祈りしています。
お父様の笑顔が早く戻れと思いますよね。
下五「祈る月」がやはり気になったのはイサクさんと同じですね。
「月に祈る」ならまだ句意としてはわかるのですが。

いろいろ添削句を考えてみたのですが、
床につく父と呑みたき良夜かな

このイサクさんの提案句がしっくりくるように思います(^▽^)/

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

貫乳を静かに聞きて春の夜

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

墨色の冬空溶ける日本海

作者名 のぶ 回答数 : 1

投稿日時:

ゆっくりと歩調の合わぬ天の川

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『克ちて呑む父の笑顔や祈る月』 作者: 虎馬
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ