俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

お断り一坪のキバナコスモス花野なり

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

投句ボタンを押すまで、季語が二つ「コスモス」「花野」に気づかず。押したとたん、気がつきました。「げえ〜、待って〜」
このサイトは取り消しできませんので、諦めました。
この点も含めて、最初のほうにコメントお願いします…。

最新の添削

「お断り一坪のキバナコスモス花野なり」の批評

回答者 森本可南

なおじいさん、私の疑問に、こたえて、くださって、お忙しいのに、ありがとうございました。花野の定義は武井壮さん司会のテレビで知りました。
きっと、先生によってもちがうんでしょうね。
あまり、細かいことにこだわらず、楽しく詠むことにします。
なおじいさんを全面的に信頼しております。これからは、師匠と呼ばせてください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「お断り一坪のキバナコスモス花野なり」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

おはようございます。なおじいさん。いつもお世話になっております。
なおじいさん、私の気持ちわかりましたか?うふふ
まさかまさかです。
ところで、花野というのは、一坪ではなく、もっと、ひろ〜いひろ〜いいろいろな秋草が咲いている野原のことと、思うのですが、残念ながら、なおじいさんの意図がわかりません。
お断りとは、何を指して言っているのか?コスモス畑を、あえて、花野と表現したのは、何故なのか?

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「お断り一坪のキバナコスモス花野なり」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

すみません、何度も。
季重なりって、許される句もありますよね?
初鰹とか。あれは、目、耳、口の刺激を見事に、捉えた句だからということでした。
ならば、松島やの句は、なんなんでしょう。芭蕉の句では、ないと言われていますが、無季語ですよね。あまりに美しくて、何も言えねえで、すまされて、いいのですか?一応芭蕉の句とされているし、、だからですか?松島より、きれいな所もあるのに、、私は、屁理屈を言ってますか?蛙飛びこむ水の音も春いっせいに蛙がとびこんで、ワビサビの句ではないのに、みんな、そう思いこむのは、何故?古池のイメージが、強いからでしょうか?
もう、私の頭の中は、パニックです。 申し訳ないです。細かいことが、気になる気質なので。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

東照宮磴の半ばに囀れり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

包丁を研ぐ指先や冴返る

作者名 腹井壮 回答数 : 13

投稿日時:

子雀の高さあやふき常夜灯

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『お断り一坪のキバナコスモス花野なり』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ