俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ふくらはぎ掻く猫見れば秋北斗

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

晩酌をしてからうとうととうたた寝をしていると猫殿がふくらはぎを掻いてくる。
ふと猫殿を見てみると体を伸ばした感じが北斗七星のような感じに見えて詠んだ句です。

最新の添削

「ふくらはぎ掻く猫見れば秋北斗」の批評

回答者 知世

いつもお世話になっております。
実感したことはないのですが、伸びる猫が北斗七星のように見えるというのはなるほどありそうだと思えました。
その時点で比喩としては成功してるのではないでしょうか。
「秋北斗のごと伸びる猫」としてしまうとまるっきり例えになってしまうので季語が弱くなってしまうかもですが、句の中に比喩であると明言されているわけではないので、取り合わせの句でありかつ北斗星が猫の姿も連想させるということで良いんじゃないかと。
猫殿の句、良いですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ふくらはぎ掻く猫見れば秋北斗」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、もし秋北斗が猫殿の姿のたとえだとしたら、季語としては△かもしれませんが、
猫の手の指す見れば秋北斗
とかならいけるかもですね。実際、秋北斗が空に見えている句であれば、と思います(*'▽')いかがでしょう。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の暮れあいこの歌に酔いしれる

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

建物の影に隠れて鳴る花火

作者名 いくたドロップ 回答数 : 4

投稿日時:

持たされてはにかむ夫日傘かな

作者名 やす 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ふくらはぎ掻く猫見れば秋北斗』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ