俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鬱々なかぐや姫の目に秋の月

作者 白南風と黒南風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さんのかぐや姫が、部屋から月を見てたはどう思いますか。

最新の添削

「鬱々なかぐや姫の目に秋の月」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。白南風様、いつもお世話になってます。

御句、二物の取り合わせの句として評価されていますね。
私は取り合わせというものをまだよく理解していないのですが、白南風さんは、取り合わせを意図なさっていますか?
私は、俳句で「かぐや姫が秋の月を見つめて鬱々としている」と詠んで、コメントで、「皆さんは、かぐや姫は月を見てどう思っていると思いますか?」と聞いていると理解しました。
そこで卯筒さんは、「かぐや姫は、本当は月には帰りたくなかったのではないか」とおっしゃっています。

私は、白南風さんは最初に自分の見解を言わなくてもよかったのでは?と思いました。すなわち、上五の「鬱々と」。「私はこう思っているが皆さんはどうですか?」ということだと思いますが、例えば、
・かぐや姫秋の月見て何思ふ
・月を見て何を思ふやかぐや姫
こんなふうに、ご自身の見解はあえて抑えて、読者にそれぞれ考えてもらってもいいのではないかと思いました。

古巣(?)へ帰りたいのか、帰りたくないのか…。雪女も鶴の恩返しの女の人もそうですが、本心としてはどうだったのか知りたいですねー。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鬱々なかぐや姫の目に秋の月」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

おもしろいですね!
かぐや姫と月は近すぎかなとは思いますが、ほかの物語で考えても楽しそう、と勝手にいろいろ遊んでしまいました。

亀に乗り竜宮城へ秋の月
都行くお椀の舟や秋の月
柿の種早く芽を出せ秋の月
おむすびを穴に落とすや秋の月
引っ張りて蕪まだ抜けぬ秋の月
三匹め煉瓦積み上げ秋の月

「秋の月」でどのお話もしんみりしそうです。季語の力、すごい。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「鬱々なかぐや姫の目に秋の月」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

良い句ですね。
秋の月のしみじみとした感じにかぐや姫が花を添えていますね。

かぐや姫は月に帰るのは本当は嫌だったのではないかと思っております。

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「鬱々なかぐや姫の目に秋の月」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

はやさんの言う通りで、かぐや姫と月を取り合わせるには近すぎですが、
他のおとぎ話と秋の月はぴたっと合うような気がしますね。

どれも好きです。

おむすびを穴に落とすや秋の月

これなんてとても好き(*'▽')おとぎ話と相性がいいですね。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春めくや二号大きく植木鉢

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

道祖神の招きにあひて花野かな

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

縁側の日差しに残るクモの糸

作者名 黒徹 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鬱々なかぐや姫の目に秋の月』 作者: 白南風と黒南風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ