俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ピチピチと跳ねる付け場へ紅葉鯛

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

また、歳時記に乗ってないのを季語に見立てて句にしてみました。第三弾です。
今回は紅葉鯛(もみじだい)を季語に見立ててみました。
季語とみなせるか無季俳句とみなされるかは読者に委ねます。
紅葉鯛は、真鯛の秋の名前で、春なら桜鯛。夏なら麦わら鯛と呼ばれます。
春と夏の呼び方は季語になってますが、紅葉鯛は歳時記に載ってませんでした。
秋に寿司屋の付け場へぴちぴちとイキのいい紅葉鯛が入ったワンシーンを句にしました。
付け場とは、寿司屋の板前さんが寿司を握る場所の事を言います。付け場を使えば寿司屋だとわかるので用いりました。

最新の添削

「ピチピチと跳ねる付け場へ紅葉鯛」の批評

回答者 長谷機械児

カイさん、「かくれんぼ」句の批評ありがとうございます。

御句について。

「新季語候補の句を投句しましたので…」とコメントいただいたのですが、この句は私には正直言ってコメントしづらいです。

寿司屋ならではの「付け場」の風景というものがよくイメージ出来ず(縁遠くて…)、また、秋の鯛一匹をじっくり見たこともないので、実景が想像できないのが実際です。

実景を知ればまた違ってくるのかも知れませんが、私にはこの句の印象は、「大袈裟な演出のテレビCMのようだ」です。

・「ピチピチと跳ねる」は八音を使う割に、魚の表現としては安直と思います。「ピチピチ」がカタカナ表記であるところもまた、テレビ的と思わせます。
・鯛のような高級魚が料理される場所でも跳ねているものでしょうか?(店に運ばれる前に締められているのでは、と) これも、昔見たテレビCM(魚の口にミントタブレットが入ると、その魚が厨房を跳ね回った挙げ句に窓から逃げてしまう、とか)を思い出しました。

今後ともよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ピチピチと跳ねる付け場へ紅葉鯛」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。カイ様、いつもお世話になってます。

御句、紅葉鯛は確かに私の歳時記には載っていませんでした。季語かどうかはわかりませんが、紅葉というから秋ではないですか?

付け場も私はわかりました。それよりも私が気になりましたのは、語順、と言いますか、今のままでは、ピチピチと跳ねるのがお魚ではなくて付け場のように思える点です。

そこで提案句ですが、

ピチピチと跳ねて付け場へ紅葉鯛
ピチピチと跳ねる付け場の紅葉鯛

このようになさったほうがよろしいのではと思いました。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

ピチピチと付け場彩る紅葉鯛

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

・ピチピチと跳ねる
ありふれた表現であることが一点とピチピチといえば跳ねているので、ピチピチか跳ねるが省略可能な言葉となります。ありふれた表現が即ダメというわけではなく、新たな言葉の出会いや発見を求める文学である以上、そのほかの部分で工夫がいるということです。また、無駄な言葉もそれ以外に説明が不要と確信できる場合に捨て石のように置くことはありますが、まだまだ跳ねるの3音でこの句は何かやれそうです。

・跳ねる付け場へ紅葉鯛
跳ねると紅葉鯛が離れているので、意味が取りにくくなってます。跳ねるの主語が鯛以外の可能性が出てきます。(まぁ鯛だとわかりますが、スムーズでないのが問題)
また「付け場へ」がよくわかりません。もみじ鯛が勝手に付け場へ向かうはずはないので。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「ピチピチと跳ねる付け場へ紅葉鯛」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、チャレンジしていますね。歳時記にない季語でのチャレンジ、スゴイ、
私はまだまだ歳時記にある季語もうまく使いこなせず、季語の力もまだ研究中で、一つ一つの季語の本意を知りたいと格闘中です。
でも、こうやってカイさんみたいな方がチャレンジして、それが名句として響いて、そして新しい季語が生まれてくるのだろうなと思いました。紅葉鯛なら秋でしょうねー。

「付け場」という言葉ですぐに寿司屋とは行けず。魚の産卵場所のこと?っていうイメージがあって。産卵場所に戻って跳ねているのかな。でも、付けばって川魚だったかな?ということが頭によぎってしまいました。
あと、「跳ねる」が付け場にかかっていくように見えて、跳ねる紅葉鯛、ではないかなあというのが二つ目によぎっていきました。

俎板をピチピチ跳ねる紅葉鯛

こういうニュアンスでしょうか?いかがでしょう(*'▽')まないたを魚がピチピチ跳ねるということではあるので、何かもう少し違う措辞で表せるといいようには感じましたが、かといって、何かベストアンサーが思いつかず。これ以上の措辞はないのかなあ。紅葉鯛の違う光景を切り取るべきなのかなあと悩みました<(_ _)>が、紅葉鯛を見たことがなくてなかなか思いつかない。業平の力を借りてしまった。全然違う光景になってしまいました。よろしくお願いします。

からくれなゐに水くくる紅葉鯛

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

へら持ってもんじゃ焼け待つ夏の夜

作者名 しゅうこう 回答数 : 7

投稿日時:

秋深し夫の作るナポリタン

作者名 大江深夜 回答数 : 8

投稿日時:

公園の遊具ひとつや夏薊

作者名 シゲ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ピチピチと跳ねる付け場へ紅葉鯛』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ