俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

名も知らぬ花ゆらり揺れ山野秋

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自宅近くの山裾の道を散歩していると夏の間は見なかった名も知らぬ小さい山野草が涼しい風に揺れる様子を見ていると秋が来たのだなぁと思い詠んだ句です。

最新の添削

名を言へる花の少なさ山の秋

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。

御句、きれいな句ですね。私も山歩きをしていた頃は、山へ行くたびにこのように思っていました。
その頃は俳句はやっていませんでした。それでもそのように考えていたということは、少しでも俳句をやろうと思う人は、誰でもこのように思う=詠むのではないかと。

先にげばさんが詳しく書き込んでおられますが、この私でも「名も知らぬ花がゆらゆら揺れる」という措辞は、かなり使われてきたので、何かもう一つ加えたほうがいいのではと思ったりします。

私なりの言い換えをしてみたのが提案句です。
卯筒さんは花の名前にお詳しくて、この時揺れていた花だけがたまたま名前を知らない花だったかもしれませんが、私は名前を知らない花がほとんどです。そこで、「名も知らぬ花が揺れている」を、「名前を知っている花はほとんどない」と言い換えました。
最初は、
 名を言へる花の少なし山の秋
でしたが、咲き乱れる花々の中で、何も知らないでいる自分を情けなく思う気持ちを入れて、
 名を言へる花の少なさ山の秋
としてみました。

今年は、花の写真を撮れば瞬時に名前を答えてくれるアプリを入れました。超便利。しかし、名前を覚えようという意欲は少し薄れてしまいました(笑)。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「名も知らぬ花ゆらり揺れ山野秋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、とてもいいですねー。秋の山、花野を見ていると、なんだか心も落ち着きますし、ちょっと物がなしい気持ちにあるような気がします。すごくよくわかるー。

「秋草」「花野」でもそうですし、「虫」「魚」「花」「草」を「名も知らぬ」と表す措辞や草が風に「揺れる」という措辞は比較的多いかもしれません。類想から抜け出るって難しいですよねー。

それでも自分の見た光景を描写して届けるには良い!という考え方もあると思うし、その類想から逃れようという措辞に変えていく考え方もあり、人それぞれだと思います。私は、どちらの考えも持ち、「よくある表現とわかってて、あえて使う、または使わない」ならいいのでは、と思い、いろいろな俳句を読んで、よくある発想やよくある措辞とはどういうものかを勉強中です(^▽^)/でも、このサイトで、それってよくあるよ、と言われるのはとても助かるので、私も気づいたら言うようにしています。そんなことは関係ないならスルーしてくださいね!

そのまま行くなら中七「ゆらり」「揺れ」が重複感あるのと、「揺れ」の連用形の締まりが△なので、終止形・連体形にするか。「花」は桜のことを指していないのでいけますかね。

名も知らぬ花ゆらゆらら山の秋

揺れるということをオノマトペでちょっといじって少し類想から逃れてみようと。
まだ、花が揺れていると、あー、見たことありそうな句、ってなるかもです。
それはそれでいいですよねー(*'▽')

〇〇〇〇〇名も知らぬ花山の秋

揺れるをやめるなら、この上五で意外性を出すのもいいかもしれません。
音数は置いといて、たとえばパーカーのフードやデニムの後ろポッケに入ってたとか、文庫本に挟まってたとか、何か光景がひろがりそうかなー。これでもよくあるのかな。

次頁の名も知らぬ花山の秋

上五「の」は「へ」「に」いろいろありますが。

ジーンズの後ろポッケに秋の草

一例ですが、お、山の秋発見!っていう場合、どういうプチ発見があるか、という方が揺れているより、ぐっと読み手の心も掴むのかなと思ったりして、今鍛錬中です(*'▽')いかがでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

燃えるものが溢れている春愁よ

作者名 めい 回答数 : 6

投稿日時:

半丁の菜箸香る新豆腐

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

桃色の名札見せっこ入園児

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『名も知らぬ花ゆらり揺れ山野秋』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ