俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

発つ汽車や駅舎の吾とあきおふぎ

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

汽車に乗り遅れた自分と駅舎に扇子を忘れたが汽車に乗れた持ち主の視線が合った刹那を詠んだ句です。

最新の添削

「発つ汽車や駅舎の吾とあきおふぎ」の批評

回答者 森本可南

卯筒さん、すごくいい。
私は、こういう瞬間を切り取ることができるセンスに尊敬の念をいだきます。
扇子をもっていれば、源氏物語の朧月夜の君のように、再会できるかも知れない、でもこの句は、その刹那にいい味わいがあるんですよね。本当に、素敵です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

手水舎の人感センサ雲の峰

作者名 げばげば 回答数 : 3

投稿日時:

暖かや褒美の竜頭巻く昼間

作者名 鬼胡桃 回答数 : 3

投稿日時:

お中元今どき文字の送り状

作者名 しお胡椒 回答数 : 6

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『発つ汽車や駅舎の吾とあきおふぎ』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ