俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎天の浜の乾杯ぬるいビア

作者 オマちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

もう暦の上では秋ですが、だからこそ、夏を懐かしむ気持ちになり、詠んでみました。
今はなかなかできないですが、コロナ前の夏は、浜辺で乾杯しようとしたら、すっかり温くなっているなんてことがよくあったなぁ、と。

最新の添削

「炎天の浜の乾杯ぬるいビア」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
3回目の登場失礼します。
私が投げたお祭り句にもみなさんお付き合いいただいて<(_ _)>
オマちゃんさんのコメント欄もお祭りにしてしまって<(_ _)>

ってなわけで、私のビキニ句がしっかり季重なり失敗してしまっているわけで(*'▽'
こういうことにも盛り上がっていけるところがいいですよねー。
オマちゃんさん、卓鐘さん、イサクさん、みなさんありがとうございました!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

炎天の浜乾杯は発泡酒

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。お祭りには積極的に参加するイサクです(違

季重なり問題
ぬるいビールより冷たい発泡酒の方がマシかと・・・(ちょっと意図が違う
メニューに「ビール」って書いて発泡酒売ってる店がどれだけ多いか(愚痴

げばげば様の方は
『炎天の納屋に眠りしビキニかな』
季語「炎天」を「納屋」で中途半端に殺してしまっています
・「ビキニ」を「かな」で詠嘆して、ビキニを強調しています
提案句「炎天の水着も浮輪もない浜辺」

人様の句のコメント欄を祭り呼ばわりしてすみません。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

炎天や浜の乾杯ビールぬるい

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

季重なりに加えて、三段切れ、字余りの三タブーを一気に入れてみましょう(笑)

とまぁ冗談半分ですが、半分真剣に、こうすることで前半の勢いと後半のだるみでリズムに対比が生まれぬるさが際立たないかなぁと。結果、炎天の暑さも際立つかと。

ゲバさんのビキニの季重なりはダメ(おっ17音)ですね(笑)

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天の浜の乾杯ぬるいビア」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、今は実現しがたい光景ですね。海水浴も海の家も浜のビールも懐かしい思い出でしょうかね。
今回は「炎天」も季語「ビール」も季語ですが、「ビール」がぬるくて、炎天を立てにいくあえての季重なりでしょうか?なかなか夏を満喫しないまま秋が来そうですね。秋が大好きげばは秋が来ないかなと思ったりしてますが。

季重なりかも、、アンサー俳句を送っておきます。

炎天の納屋に眠りしビキニかな

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

炎天の浜の乾杯生ぬるし

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。オマちゃん様、いつもお世話になってます。

御句、情景わかります。この何年かはそういうことやっていませんが、もう少し若い頃は、夏と、言えば海水浴、浜辺で日光浴、クーラーボックスからビール。ラジカセからサザン…。うう、懐かしい。

提案句は、炎天とビールの季重なりを解消したいと思いました。

こちらもどうでしょうか。
 砂浜の乾杯ビール温くなり
 夏の海乾杯の酒冷え足らず

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天の浜の乾杯ぬるいビア」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
再登場失礼します!

ぬるいビア、あえて、ぬるいにして、ビール感を減らして、主たる季語を炎天に持っていこうという試みですよね。いや、浅はかとは思いません。えー、季語だったのー、じゃなくて、意図的に試みたのなら。でも、なかなか手を出せません。やはり季重なっている、うまくいってないよ、という意見が出るやもです。この辺りはまだまだ私にも手が出せない域ではあります。

というわけで、私もできてないかもしれんけど、チャレンジしたのがアンサー句でした。
納屋にしまわれてたらビキニも季語感薄れるんちゃう?海水着・水着は季語やけど、ビキニならどうだろう、っていうオマちゃんさんとよく似た狙いかたをして、炎天の方を季語として立ててみようとしてみました(*'▽')見る人が見たらどっちもアウトーーかもしれませんね。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天の浜の乾杯ぬるいビア」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再々登場失礼します!
よくあえて季重なりを狙われる卓鐘さんに聞きたいと思うてたら。

卓鐘さんのぬるい句と、
アンサー句、
ゲバさんのビキニに季重なりはダメ
が気にいったので、ここに来てしまいました(^。^)

オマちゃんさん、お邪魔しました!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雨避けの九郎判官夏燕

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

春一番またもや伸びてをる鼻毛

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

手拍子の現れ湧くや運動会

作者名 まちる 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎天の浜の乾杯ぬるいビア』 作者: オマちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ