俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

原爆忌ちいちゃんのかげおくり読む

作者 いくたドロップ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

国語の教科書に載ってた「ちいちゃんのかげおくり」を久々に読んでみました。子どもの頃とは違った感覚になりました。

最新の添削

「原爆忌ちいちゃんのかげおくり読む」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ドロップ様、いつもお世話になってます。

御句、私は原爆忌は重く受け止めており、思いもありますが、それはここでは置いておきます。また、「ちいちゃんの…」は読んだことありません。すみません。

申し上げたいのは、流れです。
その点をげばさんがもうおっしゃっています。原句では、この本を知りませんと、「ちいちゃんのかげ」を「おくり読む」ような流れになりますが、げばさんの提案句であれば、「ちいちゃんの」「かげおくり読む」と自然ではないでしょうか。
この句は、あえてつっかかるように読ませる句ではないと思いますし。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

ちぃちゃんのかげおくり読む原爆忌

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句、いいですね。私も昔ちいちゃんのかげおくり読みました!当時はかげおくりという遊びがおもしろくて、そればかりやってましたが、今考えると、戦争の悲惨さがまた別の形で伝わってくるのでしょうね。

読む、がラストに来ることとリズムを含め、季語を後ろにした提案句です!

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「原爆忌ちいちゃんのかげおくり読む」の批評

回答者 朝野光

句の評価:
★★★★★

はじめまして
原爆忌という季語は悲しくて重厚ですね

五五七のリズムが不穏で、それが原爆忌の作者の感情を表現しているようにも見えました
子供のときと大人になってからで、感じかたが変わるという考えも作品に重みを与えているようです

点数: 1

添削のお礼として、朝野光さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かたぶけば子が支へをり竹の秋

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

孫が来た西瓜程よく冷えた頃

作者名 流れ星 回答数 : 5

投稿日時:

海女達の冷えを癒す焚火かな

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『原爆忌ちいちゃんのかげおくり読む』 作者: いくたドロップ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ