俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひまわりの見つめる土のなんと動く

作者 朝野光  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

このお題は苦手です

最新の添削

向日葵や土のふつふつ動き出す

回答者 イサク

こんにちは。

苦手意識のせいなのかわかりませんが、ご本人が何を詠みたいか、何を受け手に感じさせたいか、迷っておられるように感じます。
最も気になるのは下五(六)「なんと動く」の意味のわからなさです。
が、上五中七からすでに動揺は出ていますね。向日葵でなく「土」に焦点を持っていってしまっているところも、その土が「向日葵の生えているところ」ではなくて「見つめるところ」であることも、そこによくわからない擬人化が紛れ込んでいる点も。

意味がわからないので提案句もうまく出せません。すみません。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

向日葵の足もと日毎に盛り上がり

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。朝野光様、いつもお世話になってます。

御句、朝野さんは兼題「ひまわり」は苦手でしたか。イタリアの有名な映画を持ち出すまでもなく、さまざまな場面で人生に深く関わっている花ですよね。でもいざ俳句に読もうとすると難しいかもですね。

御句、下五の「なんと動く」。よくわかりませんが、これを「なんとまあよく動くことよ」と解釈しました。もちろん土が動くはずがない。
そこで提案句ですが、向日葵の成長が早くて、足下の土が日に日にめくれ上がってくるようだよ、という景色を詠んでみました。的外れであればごめんなさい。

でも、子どももそういうことあるから。毎日どんどん大きくなって、それこそ、昼寝から起きてきたら少し背が伸びたと感じることがあったくらいですからね。一生の短い向日葵の成長はもっと早いでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花蕊降るパン粉のような踏み心地

作者名 春野ぷりん 回答数 : 1

投稿日時:

枇杷を手にレジの待ってる幼児の目

作者名 孫春艶 回答数 : 2

投稿日時:

電池かえまた時刻む春の午後

作者名 くまた 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひまわりの見つめる土のなんと動く』 作者: 朝野光
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ