俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

星月夜新恐竜の展示会

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まだ時期外れの季語ですが、許してください。取り合わせを使ってみました。
近年日本では、新種のザウルスが見つかり続けていまして、炭素年代測定法の計算で何年ごろに居たかは分かっても、詳しい生態がまだ分からず、展示会に見に来た子供や恐竜ファンや専門家達が、古代のロマンに思いをふけてる感じを季語(星月夜)で現してみました。
星月夜は(天)。新恐竜と展示会は(地)という対極も偶然組み込めました。
人物が子供か大人かは読者に委ねます。
あと(炎天)で同じ句を作りましたので、あとで投句します。

最新の添削

コメント

回答者 香田

初めまして。カイさんの句を拝読しました。素敵な句ですね。

夜に展示会を見ているので、大人の方かなと思いました。そして、星月夜という季語から星が光るように目を輝かせて、童心に帰って恐竜の展示会をみている様子を想像しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、香田さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「星月夜新恐竜の展示会」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句いいですね!新恐竜と星月夜の取り合わせ、なかなか悠久のロマンを感じて好きです!
このままで素敵と思うのですが、星月夜をバックに新恐竜の展示会と書いているポスターをイメージしてしまったので、展示会と書いてしまわず、新恐竜の化石を見上げているさまや、まじまじと見ているさま、具体的な光景に寄せていくのもいいのかもと思いました。私は子どもかなーと思ったんですが、それには、漢字3文字が3つ並んでいて、あれ、子どもじゃないかも、何か堅いかも、と思ったからかもしれません
原句のままでもかなりロマンが届きました!

ちなみに、私はヴェロキラプトルがわりと好きです。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

星月夜新恐竜の羽ばたけり

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・考えます。ありがとうございました。
御句・・季語も恐竜も太古に匂いがあるので響き合うと思います。いい句ですね。多分屋内と屋外の景という指摘があるかもしれませんが、私は気になりません。ただ、展示会は収まり過ぎの気がするので掲句です。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

星月夜新恐竜の館に着く

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

カイ様、こんにちは😀
拙句「臨終の〜」の句、お褒めいたと考えていいでしょうか、有難うございます。
御句ですが、「悠久の時」がかんじられて、趣意は好きですね。
ただ、難は、下五の「展示会」ですね。「星月夜」「恐竜」と来たあとでは、ちょっと俗な印象がありますかね。
"手直し"の「館に着く」の「館」は"博物館"のつもりですが、ヘンですかね…

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

足許に霧まとはせてゴジラ来る

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

丑過ぎの独居の半額鰻かな

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

夜の潮風絶望の影立つ想い揺らぐ

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『星月夜新恐竜の展示会』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ