俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

俗情へ雷鴫の落ちる昼

作者 北野きのこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さんこんにちは。
昨日から我が家の上空にオオジシギ(別称雷鴫)が飛来しています。
図鑑には草原に分布すると記載がある鳥類らしく、ご近所さんと「うちは草原かい」などと自虐交じりのお喋りを楽しみました。

毎年この時期に当地に現れ、特徴的な異性へのアピール(急降下しながら羽で風を切り雷の様な音をたてる)を盛んに繰り返します。
あんまり熱心なのでこちらの心も騒つく感じがします。
わざわざ南半球から飛んできてうちの周りで異性交遊している様子から作句しました。

悩みどころ
○繁殖行動が特徴的な生き物と、俗情の取り合わせはありきたりかな?

○落ちる?堕ちる?墜ちる?(ひらがなにしてダブルミーニングを狙おうかとも…)

○切れの有無、場所(悩んだ末にカットの無い一枚絵にするのが良いかなと考えました。)

ご意見を頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「俗情へ雷鴫の落ちる昼」の批評

回答者 ハオニー

「俗情へ」でいいのですか?
これが、どのような光景なのかはわかりづらいです
しかし、心理的に最適な答えにも見えなくはないのです

私なら「場所」を選びます
式場へ雷鴫の降りる昼

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大掃除ゴミは持ち越す大晦日

作者名 ダック 回答数 : 5

投稿日時:

炎天や女子の二の腕つよき白

作者名 和光 回答数 : 4

投稿日時:

まだ瞼の裏に残る家の鍋

作者名 岩住涼太 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『俗情へ雷鴫の落ちる昼』 作者: 北野きのこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ