俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白障子映る母追ふキジ猫よ

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ウチの猫は母の影を見たら母とわかるようです。ご飯をくれるとわかるのでしょうか。かわいい。季節外れの句ですが。映る母という中七が悩ましいです。

最新の添削

白障子母の影追ふ母の猫

回答者 知世

いつも丁寧なコメントありがとうございます。
客観的なご意見、自己満足に陥りがちな私の句を見直すきっかけになってます。

私自身猫を飼っていることもあり、ほのぼのさせていただきました^_^
ただ私も最初イサクさんのご指摘と同じように猫の親子のつもりで読んでしまいました。
そこが分かりやすいようにと考えましたが上手くいかず、提案は乱暴に「母の猫」としてしまいました。
実のところ「母猫」でも「お母様」でも良さはあんまり変わらない気もします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

白障子母の影追ひ走る猫

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつも勉強させていただいております。
毎回拙句に温かいご評価ご添削をくださり有難うございます。励みになり勉強になります。

御句、私も猫ちゃんを飼っておりましたが、犬は散歩に連れていってくれる人に懐き、猫はエサをくれる人に懐くと言いますよね。猫ちゃんは現金なヤツで、だからこそ可愛いのかもしれません。

提案句は、げばさんのおっしゃる通り、中七の「映る母」がなんだかなぁと思いましたのでそこをちょっと変えて、キジ猫はトラ猫の次に好きですがここは単に「猫」とさせていただき、エサをくれると思って走ってくる様子にしてみました。

猫ちゃんは、たて続けに先立たれてしまったことがつらい記憶になっており、とりあえず仔猫の動画で癒されています。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

雉猫の母の影追ふ障子かな

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この「母」は、自分の母よりも猫の「母」に見えますね。
「白障子」の本来の冬の季節感からすると、本来は外と内を使い分けるのは至難です。外は寒くて、そのための風よけの「障子」ですので。

「母」を区別するのも難しいので、提案句はどちらでも取れるような・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

子の髪を見上げて梳かす夏終わり

作者名 ももんが 回答数 : 2

投稿日時:

滝しぶき浴びて青葉の艶めけり

作者名 つちや郷里 回答数 : 5

投稿日時:

波際にそっと裾持つ半夏生

作者名 水谷 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白障子映る母追ふキジ猫よ』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ