俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ティンパニの破る静寂よ霹靂神

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雷が鳴ると、シバの女王ベルキス戦いの踊りの冒頭のティンパニの音が浮かびます。静寂をしじまと読み、「や」でなく「よ」で軽く詠嘆してみました。

最新の添削

ティンパニの如吾を打てり霹靂神

回答者 イサク

おはようございます。

いろいろとツッコミどころのある句です。
季語「霹靂神」以外の部分が比喩なのですが、先に書いたお二人の言うとおり「静寂」が「霹靂神」を比喩してしまっています。
 「霹靂神」は「ティンパニ」の如く、ですよね?
◆打楽器ティンパニが静寂を破るのは当たり前・・・雷の音が静寂を破るのも当たり前・・・「静寂を破る」の常套句を持ってきて安心してしまったんでしょうか?
 語順問題よりも、個人的には、手垢のついた表現なので避けたいです。
◆比喩俳句は、意外な比喩にするか、比喩以外の部分で句の受け手の興味を惹くか、とにかく詩を前面に出すか、もう一手どこかに作戦が欲しいですね。

すぐにはそこまで考えつかないので、提案句ではとりあえず自分を持ってきました。
中七の読みは「ごとあをうてり」で。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

静寂を破る霹靂神のティンパニー

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

言いたいことはわかるんですけど、いろいろと違和感が。。

・静寂の詠嘆
「や」でも「よ」でもいいのですが、静寂もう無くなってますよね?詠嘆する対象がない。

・ティンパニの破る静寂
この表現がわかりにくい。未来「ティンパニがこれから破る静寂」現在進行形「ティンパニが破っている静寂」現在系「静寂の中でもティンパニが破る(対象となる)静寂」くらいの意味が考えられますが、どれもなんかしっくりきません。

・静寂の読ませ方
ここは「しじま」なんてしっとりした雰囲気では、なんとなく他の言葉とつり合わなくないですか?「せいじゃく」と読ませて詠嘆なんかしない方が勢いも出て句には似合いませんか?

・霹靂神と静寂を破るティンパニの取り合わせの是非
(静寂と霹靂神の取り合わせではないですよね?)
普通なら、似たような音なんで、取り合わせとしても比喩としても近すぎてというところなんですが。。。ティンパニが激しい雷のようだというところは良いと思うのですが。。。。

うーん。この句のままでは、静寂が破られて、ティンパニがなり出したと思ったら霹靂神が暴れるわでただただうるさいだけなんですが、雷をティンパニの鳴り出しのようだという発見を活かすには。。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

ティンパニの破る静寂よ霹靂神の批評

回答者 三日酔いの防人

句の評価:
★★★★★

げばげば様、おはようございます。
拙句への評、誠にありがとうございました。提案句非常に気に入りました。
御句についてですが、比喩俳句とお見受け致しました。
静寂を破るティンパニのような雷ということですね?
卓鐘様同様、上五、中七の語順に違和感を感じました。
また、暗喩が分かりにくくなっていますので、直喩にしては如何でしょうか?
しじま射るティンパニの如霹靂神
とご提案致します。
しかしながら、『射る』については賛否が分かれそうですね。
ティンパニと霹靂神は字面としては面白いですね!

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

ティンパニの破る静寂よ霹靂神

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

お世話になります。
いつも添削ありがとうございます。
内容は調べてわかりました。
この句だけ見ても難し過ぎて理解出来ないと思います。

点数: 0

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨明けや駿馬は肥えて駄馬となり

作者名 さつき 回答数 : 0

投稿日時:

山車ねむる祖父の遺せし千社札

作者名 鳥越暁 回答数 : 6

投稿日時:

テーブルやこの字にならぶ夏料理

作者名 シゲ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ティンパニの破る静寂よ霹靂神』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ