俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

岸隔て日照雨に憂う想い人

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

日中の日照雨が夜まで続いてしまうのではないかと心配する天ノ川の両岸にいる織姫と彦星を詠んだ句です。

最新の添削

牽牛も織女も憂う日照雨かな

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句拝見しました。雨の七夕になりましたね。七月は強い雨が続きますね。

岸隔て、想い人、はやはり、七夕の句でないものに誤読してしまいそうなので、ストレートに書いてみました。日照雨はそばえと読ませておきたいです!いかがでしょう。

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

七夕やなほ降り止まぬ日照り雨

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「天ノ川の両岸にいる織姫と彦星」は詠めてないですね^^
それは置いといて句だけ見ると
・憂う想い人 は言い過ぎで、「君」だけで表現できます。
・岸隔ても少し説明くさい。対岸の君くらいで十分かと。

あとは、日照り雨は季語にならないんじゃないかなぁ。無期とするならそれはそれで。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

七夕やともに日照雨を気に病めり

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卯筒様、いつも勉強させていただいております。

御句、添削依頼句一覧に掲載されている時は、時節柄、水かさの増えた河川を注意して見守る人の句かと思っていました。
昨日になって初めてコメント欄を拝読し、七夕のお話だったのか…と気づいた次第です。タイミングを逸して申し訳ありません。

考えてみれば、岸を隔ててと言えば時節柄天の川ですよねー。あまりにもこのところ河川の氾濫が続くのでそちらに気がいきませんでした。

御句、よくよく読めば、夜空の逢瀬のために昼間の日照雨の様子を憂うというのはわかってくるのですが、あらかじめ「七夕の夜を詠めり」とかそういうお断りがないと、難しくないですか?

提案句は、最初に七夕と出してしまいます。「ともに」は織姫、彦星ともに、という意味と、彼ら二人だけでなく、地上の我々もともに、という意味も持たせています。「日照雨」は「そばえ」と読むのですね、勉強になりました。ここではそう読ませていただきました。

この伝説が梅雨の時期にあたるのは可哀想ですよね。ひと月延期しましょうか(笑)?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

今年また蝉の鳴き止む日を知らず

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

雨の後千枚の田に能登の月

作者名 素風 回答数 : 1

投稿日時:

テチテチと歩く姿は寒雀

作者名 森本可南 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『岸隔て日照雨に憂う想い人』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ