俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

触れたくてフェンスを越へて蔦茂る

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

みなさんのフェンス感が少しわかってきました。不一致はしてないと思います。
四句とも、フェンスはフェンスで、壁でも塀でもなくフェンスです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「触れたくてフェンスを越へて蔦茂る」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

いつも読解力不足ですみません。上五は蔦の擬人化ですか。具体的なものではなく、何者かに触れたくてという意味なら分かるのですが、それだとフエンスという場所を限定する言葉が邪魔になります。
なにものか(うまく言葉にできませんが)という意味なら、その発想はとても面白いと思います。「青蔦の伸び行く先に見ゆるもの」

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「触れたくてフェンスを越へて蔦茂る」の批評

回答者 しらさぎ

句の評価:
★★★★★

イサク様
滝の句 有り難うございました。
見終えて そうなんですね❗
推敲してまた来年トライさせていただきます。

蔦しげるの御句
イサクさんが蔦に触れたいのなら
触れたくてフェンスを覆ふて蔦茂る
と詠めば伝わるような気がすます。
まだ未熟❓ですが❓

点数: 0

添削のお礼として、しらさぎさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蠟梅を年ごと愛でてをられしが

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

断麦酒備長炭香にあらがう

作者名 Giorgio 回答数 : 2

投稿日時:

麦の穂や窓辺の犬の二足立ち

作者名 げばげば 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『触れたくてフェンスを越へて蔦茂る』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ