俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

なまめかし茅の輪をくぐる白レース

作者 HIGUMA  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

神社で見た素敵な光景です♪

最新の添削

茅の輪くぐる白きワンピースの少女

回答者 イサク

おはようございます。

「なまめかし」という形容詞が主観的すぎるので、「茅の輪をくぐる白レース」のどこになまめかしさがあるのか、句の受け手に伝わりません。
「白レース」といえば衣服だというのは想像がつくのですが、どこが「白レース」なのかわからない、というのも、この句の具体的映像が出ない理由のひとつです。
そもそも「茅の輪くぐり」「白いレースの服」「なまめかし」で、十七音に入れる要素としてはすでに多すぎるかもしれません。

提案句はなおじい様と同じ、「なまめかし」を省略して、句のどこかでなまめかしさを表現する工夫を入れる形です。古語「なまめかし」は「若く元気」という意味が主なので、お色気を無理に出さない方向にします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

茅の輪またぐ白レースからのぞく脚

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
鈴木宏一郎様、いつも勉強させていただいております。

貴殿はこのような爽やかなお色気のある句がお上手ですね。
頭の中で色々と想像がかき立てられます。
俳句では、感情を直接表すのではなく、別の言い方ながらより効果的に伝える工夫があるといい、と言います。
御句の「なまめかしい」、これはわかりやすい言葉ではありますが、こうダイレクトに言いきってしまわずに、同じような艶っぽさを伝えられないか、と考えました。
御句の白レースは洋服のどの部分かわかりかねましたが、情景からスカートにさせていただきました。
提案句の他に、次の二句も考えました。
 レースの裾つまんでくぐる茅の輪かな
 白レース茅の輪を前にたくし上げ

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

羅漢さまみなにこやかに雪帽子

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

炊き込みのおこげの香り揚雲雀

作者名 あらちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

秋風とおもちゃに胸ときめかせ

作者名 風野サファイア 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『なまめかし茅の輪をくぐる白レース』 作者: HIGUMA
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ