俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕焼けや地の色消えて星の色

作者 ダック  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

単純。。

最新の添削

蛍火や地の色消えて星の色

回答者 イサク

こんばんは。

「地の色消えて星の色」という措辞が綺麗にまとまっていると思います。リフレインも効いていて、この十二音の感覚は抜群にいいと思います。

既出ですが、ここに「夕焼け」という色彩のはっきりした季語を持ってきたことはあまり上手くなかったかもしれません。特に同じ天文の「星の色」が死んでしまいそうですね。

・キャンプ村地の色消えて星の色
・涼し夜や地の色消えて星の色

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夏の宵地の色消えて星の色

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

ダックさんは、詩のセンスがあると思いますよー。全然単純じゃないです。

地の色消えて星の色は、日が沈んでいくに従って、「地の色」がだんだん見えなくなっていって(暗くなるから)その代わり、空には「星の色」が浮かんでくる。ということでしょうか。

そういう理解を前提に行くと「夕焼け」が少し違うかもしれません。夕焼けでは夕焼けの色が全体を覆っているので、そことぶつかってごちゃごちゃします。
夏の宵くらいでいかがでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の朝諦観の目の父立てず

作者名 秋雄 回答数 : 6

投稿日時:

十薬や半世紀棲みつく魔物

作者名 ふり 回答数 : 2

投稿日時:

宵闇やジュリアナ東京の響き

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕焼けや地の色消えて星の色』 作者: ダック
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ