俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一番に成れずとも良し夏蜜柑

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

時にはそんなメンタルで

最新の添削

一番の重さを知りて夏みかん

回答者 イサク

こんばんは。

取り合わせがうまく決まったように思います。
上五中七に景の薄い気持ちの入りすぎたタイプの句なので、評価の別れるところはありそうですが、自分は好きですね。
伊藤園とかには、こういう句の入選するイメージがありますね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「一番に成れずとも良し夏蜜柑」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

おお。いい句ですねー。
夏蜜柑がこんな郷愁の優しい思いのある季語とはしりませんでした。
大人だとしたら、一番にならなくていいよと慰めてて渡してくれた夏蜜柑。それが今も目の前にあってゆっくりと食べている。そんなことも思いました。
なれずとも良しはそんな郷愁の思いとともに自分に言い聞かせている。そんな風に読みました

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

悩み消ゆ照射のごとき流星群

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

春の肉食べて大騒ぎ卑し心

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

孝行の話に触れて滝の前

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一番に成れずとも良し夏蜜柑』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ