俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

柑橘類棚から消えて夏は来ぬ

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。
いつも勉強させていただいております。
拙句は好物の果物がスーパーに並ばなくなり季節を感じて作ったものですが、冬と夏が混在?
ご評価よろしくお願いします。

最新の添削

「柑橘類棚から消えて夏は来ぬ」の批評

回答者 優子

なおじい様
ふでおもとの添削ありがとうございます。確かに独りよがりの句になっておりました。まさにふでおもとは刷毛みたいなので、なおじい様の手直し句の方が、読み手にわかりやすいです。勉強致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

柑橘の棚から消えて夏来たる

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。よろしくお願いします。

三つの句のなかでは、この句が最も季節感が出せていると思います。
発見の句でもありますし、よいのではないでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「柑橘類棚から消えて夏は来ぬ」の批評

回答者 柴崎恵子

句の評価:
★★★★★

なおじい様
ピンクの彼岸花の句に添削ありがとうございます
説明し過ぎでした
なおじい様のこの句は、よくプレバトで言う季重なりではあっても、柑橘類の比重を軽くしてあるのでOKというパターンですね
又宜しくご指導お願い致します

点数: 1

添削のお礼として、柴崎恵子さんの俳句の感想を書いてください >>

「柑橘類棚から消えて夏は来ぬ」の批評

回答者 マサト

句の評価:
★★★★★

秋の空の句の添削ありがとうございます。
仕事は屋内です。
提案句の「陳列終えて一息」などはまさしく私が詠みたかった表現です。「一息」は思い付きませんでした(汗)
勉強になります。

柑橘類は夏が終わると確かに消えてしまいますね。私は酸っぱいけれどハッサクが好きです。
他の添削されている方々の仰る通りだと感じました。良い句だと思います。

前回、「秋桜の句の添削」と打つところを「花野の句の添削」と間違えました。失礼致しました。
粗忽者なんです(汗)

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

「柑橘類棚から消えて夏は来ぬ」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

なおじいさん。教えて下さってありがとうございます。
肝に命じます。
孫の句には、気をつけます。

なおじいさんの句は、人の心を和らげる魅力がありますね。
とがった気持ちを癒やすという感じです。
わたしもわたしの句の色を出せたらいいなあ。
感想だけで、すみません。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黄金週間高所作業車忙しげ

作者名 かこ 回答数 : 4

投稿日時:

嬉しさや竿先伝う鱚の引き

作者名 たきさん 回答数 : 4

投稿日時:

忘れない娘と行ったカラオケ屋

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『柑橘類棚から消えて夏は来ぬ』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ