俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三色菫ロールシャッハテストと嘘

作者 北野きのこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さんこんにちは。
切れの議論が盛んですね。
とても勉強になります。

さて、掲句はこちらへ投稿して没となったものです。
http://haikutown.jp/post/results/

しかもただの没ではなく、他の作者様の類想句が入選している、私としては非常に悔しい句です。
(「人・並選の俳句」発表ページで「ロールシャッハテスト」でページ内検索してみて下さい)

ただ単純に「お花で心理テスト!」という光景ではなくて、三色菫の人工的な色彩、毒々しくも見える様子を描きたかったのですが…。

当時のメモを見返すと
・掲句から「嘘」を省いて助詞を色々加えた句
・上五を「遊蝶花」とした句
・上五を「胡蝶花と」として、三者を並列にした句
等の中から掲句に決めて投稿しているようです。
理由はよく思い出せません(笑)

コメントを頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「三色菫ロールシャッハテストと嘘」の批評

回答者 腹井壮

こんばんわ。とある川柳で同じような悔しさを味わった事のある腹胃壮です。もう少しでで5000円を取り逃がしました。いつも御世話になります。梅雨晴の句の添削と御意見は大変参考になりました。季語を黴あるいは黴雨に変更してやり直してみます。ところで

三色菫でロールシャッハテスト

作者と選者には申し訳ないのですがただの報告句というか俳句にもなっていないというのが感想。

北野きのこさんの句は二音増やした分見どころはありますが省略できる部分もありますし、「嘘」の使い方がもったいなかったですね。三色菫の「人工的な」色を表現したかったのですから。

ロールシャッハや三色菫の嘘

ではいかがでしょうか。自分の普段の応募先とハイポの大きな違いの一つにコメント欄の有無があります。このコメント欄の使い方も上位入選のポイントの可能性があります。
ところで私の冴返るの句は言われてみれば不穏な感じがするなと思いました。意外な読み方をされてしまうのも俳句の面白いところです。ちなみに「や」で切って指先に意識を集中させたのは意図したところです。包丁を研ぐ指の先 では読者の集中力を欠いてしまいそうな気がした事。指先に読者の集中が向かないと砥石と包丁の摩擦音が生まれないと思ったからです。
没になった句を他人の目で検証してくれる場があるのはありがたいですね。恩着せで申している訳ではないですよ(笑)

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「三色菫ロールシャッハテストと嘘」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃まずは「人」選おめでとうございます。

🔷ママの誕生日ゲイバーの蝴蝶花

俳句の良し悪しは全く分からないので何とも言えません。
最近の入選をみていると三段切れの句や季重なりの句が「人」に入っていたりするのでちゃんと選んでいるのかしら❔と思う所があります。
でも、素人には三段切れに見えても意味の上で切れていなかったり季重なりも絶対ダメというわけではないですからね。
ただ、なんでこの句が「人」なの❗と思うことがあります。
だから俳句って分かりません。時の運もあるかもね✨(*^^*)🎶

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「三色菫ロールシャッハテストと嘘」の批評

回答者 ハオニー

発想勝負なら、どの入賞句にも引けはとりませんね
だからこそ類想の句が「人」に選ばれているのだと思います
技術で半歩ほど、遅れを取りましたね…

この一句、俳句の17音の限界ぎりぎりまで挑戦しています
「三色菫」「ロールシャッハテスト」で合計16音占めています
これはもう助詞1音程度の要素しか入らないですし、「嘘」までは入れられません
この発想で腹を括るしかないです

人工的な「色彩」を意識するなら「三色菫」しかありませんね
「遊蝶花」だと、「蝶」という比喩の要素が「動き」の方へ誘導されてしまいます
「パンジーや」では「色彩」という意図が伝わりづらいです

私はパンジーがあまり得意ではないので、いい句が出ませんでした
投稿はしていませんが、ついさっき閃きました
遊蝶花さえも散りゆく日本かな

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夜の風になでられ照れる桜かな

作者名 りゅう 回答数 : 3

投稿日時:

白球を追ふ子の声に桜咲く

作者名 玄太 回答数 : 1

投稿日時:

五回裏また無得点秋の月

作者名 しゅんきょママ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三色菫ロールシャッハテストと嘘』 作者: 北野きのこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ