俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

真新し傘おろす子や梅雨晴れ間

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

隣の家の子供さんが新しい傘を買ってもらって雨が待ちきれなくて梅雨の合間の晴れた日にくるくると家の前で傘を開いて回している様子を見ていたら鬱陶しい梅雨でもこんな楽しみ方があるのだなと少し童心を思いだし詠んだ句です。

最新の添削

新しき傘をくるくる梅雨晴間

回答者 イサク

おはようございます。

この発見はよいと思います。

・「新しい」ものを「おろす」のは意味の重なりがあるので、この場合は「おろす」を省略する方がいいかと思います。
・「真新しい」は説明臭いので、「新しい」だけでいいかと思います。
・お隣のお子様の実景ということですが、せっかく自分も童心に帰っているので、誤読を恐れずにいきましょうか。
・コメントの「くるくる回している」いただきます。

↑という提案句を置いておきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬晴れや青色の服着てもみる

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

うつむきて密と咲きけり水仙花

作者名 あつこ 回答数 : 1

投稿日時:

昂りを線香花火の鎮めおり

作者名 鳥越暁 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『真新し傘おろす子や梅雨晴れ間』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ