俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠き日の思い出うかぶラムネ音

作者 村山陽子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

現在はラムネ瓶もプラスチックになり、ラムネ玉の音もかからない様です。昭和の音になりましたね。

最新の添削

「遠き日の思い出うかぶラムネ音」の批評

回答者 優子

碧様
懐かしいですね。私は駄菓子屋さんで買った記憶があります。その時、麩菓子を落としてしまって、店のおばさんに、戦争中は拾ってでも食べたんだよ!と言われ、食べてしまった記憶があります💦

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

ラムネ抜くビー玉遊びの声がする

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

そういえば硝子のぶつかり合う音が聞けなくなりましたね。今ではプラスチックの中でビー玉がカラカラと空虚な音をたてております。

御句拝読しました。
・下五「ラムネ音」がちょっと強引かもしれません。
・「ラムネの音」に思い出を重ねるのは、テーマとしてはありきたりかと思います。せめて「遠き日の思い出うかぶ」のストレートすぎる表現を変えて、古い記憶を表現したいなあ・・・と思います。この点が作句者の意思と腕の見せ所ですね。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

ラムネ飲む恋を覚えた日の記憶

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

碧さん、こんにちは。

「遠き日の思い出浮かぶ」という十二音がかなり野暮ったいなと思いました。
思い出ですからある程度昔なのは言うまでもありませんので、「遠き日」と書く必要は薄いです。
そして「浮かぶ」とわざわざ書かずとも…「○○の思い出」と書くだけで十分でしょう。

ラムネを通してどのような思い出が浮かび上がりましたか?作句の動機となった素敵な思い出がある筈ですので、それを入れ込んで欲しいと思います。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「遠き日の思い出うかぶラムネ音」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

碧様
沙羅の花落つる西風子です。
コメント、ありがとうございました。
当たり前の事が、当たり前と思えないものと、はたと感じるものがありました。あったものが、もうない。とても難しいです。
今の私には、
沙羅の花咲きし枝より落ちにけり が精一杯です。ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

書斎にて捨て猫と酌む春驟雨

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

我が友と鷹鳩となり二人酒

作者名 イサク 回答数 : 4

投稿日時:

先駆けて東御苑の梅だより

作者名 喜子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠き日の思い出うかぶラムネ音』 作者: 村山陽子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ