俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

火の山の今は静かに雲の峰

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

噴火した御嶽も。

最新の添削

御嶽の今は静かに雲の峰

回答者 イサク

おはようございます。

この句の場合、実名がいちばん詩情があるかと思いますが・・・

他の山にも使えてしまうのが難点ですね。季語ならぬ地名が動くというか・・・
・御巣鷹の今は静かに雲の峰
・雲仙の今は静かに雲の峰

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

死火山の今は静かに雲の峰

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いいですね。火山に対する恐ろしさと悠然とした雲の峰の取り合わせはベタといえばベタですが、雄大な光景だと思います。

「火の山」が「火山」のことだろうと思いますが、少し強引かと思います。「火の山」という山もありますし、火事になった山ともとれます。
「死火山」としてみました。こうすると死の字のイメージが雲の峰にも奥行きを与えるかもしれません。ただ、今はが「過去」との対比になって句意が変わってくるので「火山湖の」としてもいいかもしれません。そうすると視線が上だけでなく広がりは出てきます。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

雲の峰今は事なき噴火山

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
噴火した御嶽山にいた人々はさぞ怖かったことでしょう。私は海で波に溺れそうになったのが、一番怖い体験でした。それでも最低限の準備をしていた人としていなかった人では、生死の差があったとか。備えあれば憂い無しということでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

雲の峰今しづまれる活火山

回答者 ののか

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。添削ありがとうございました。お言葉胸に響きます。さて、考えて変化させて頂いたた御句ですが、火山の表現が難しいですね。また、噴火もしそうな活火山にしてみました。失礼いたしました。

点数: 0

添削のお礼として、ののかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

毎日が父の日肴多くあり

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

しゃがみこみ二人あやとり秋麗

作者名 はや 回答数 : 6

投稿日時:

暖かき卒業いまだ山白し

作者名 俳句好きの青年 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『火の山の今は静かに雲の峰』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ