俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

古寺の暗きに満る岩たばこ

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

境内の奥の岩壁に、ひっそりとみっしりと咲いていました。

最新の添削

古寺の影満たしたる岩たばこ

回答者 イサク

こんばんは。

「古寺の暗き」=「お堂の中」と思って受け取っていましたが、コメントを見たら違うのですね!?掲題の奥の岸壁とは・・・
調べたら確かに岩場に生息し暗い場所を好むと・・・それで「岸壁」を省略したのでしょうかね?
とすると「暗き」も省略できるのかも?
(私の発想はプレバト視聴者にありがちな「無駄を排除しすぎる」傾向の特徴です)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

古寺の暗きに満てる岩煙草

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

登盛さん、こんにちは。
岩タバコなる季語を初めて知りました…。勉強になります。

この句は良いですね。映像がしっかり浮かび、語順もしっかりと岩たばこを立たせる構成になっていると思います。
「暗き」は「昏き」にするとまた違った詠みになってきますね。僕は「昏き」の時間軸が好きですが、「暗き」を描きたい登盛さんの意思は尊重します。

気になった部だけほんの少し…。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

マスクして別人格が疼きだす

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

水鳥やもると煉獄決まりけり

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

栗名月パンが足りないふりをする

作者名 小西晴菜 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『古寺の暗きに満る岩たばこ』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ