俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ただそこに逃げも隠れもごきかぶり

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

逃げも隠れもします

最新の添削

行きずまり逃げも隠れもごきかぶり

回答者 喜子

なんじゃもんじゃの句にコメントありがとうございました。
直ぐに、お礼のコメント投稿したのですが、無くなっていました。???

ゴキブリの句は読んだことがなかったので、新鮮でした。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、喜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

逃げ隠れ時々じつとごきかぶり

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

「ただそこに」という語が持つニュアンスが「逃げも隠れも(しない)」に入っているので、この上五は違う言葉に変えたいですね。
と思って句を触っている内にだいぶアグレッシブなごきかぶりになってしまいました。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただそこに逃げも隠れもごきかぶり」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
岩たばこの句への添削いただきありがとうございました。浄智寺と言うお寺の静かな境内の、暗い奥の奥の岩壁一面に咲いていました。どう表現したら良いかと悩みました。岩壁に、、、岩たばこと韻を踏んでみたいとも思いましたが、説明になるかとも。
御句拝読させていただき、ゴキブリがシュルシュルと通る景が浮かんでしまいました。笑  ただそこにいるだけなのに疎まれる様子と読みました。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただそこに逃げも隠れもごきかぶり」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

イサク様
西風子です。
いつも添削頂きありがとうございます。
なるほど、ご指摘の視点転換の方が、報告句からの脱却でき、詩的なひろがりと座りが良くなると、作法の一つと心得ます。
実は、投句後に、滴りや滲み出し苔の水路かな、と読み替えましたが、滴りにの拘りから離れられませんでした。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

逃げも隠れもさせないぞごきかぶり

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは🙂
拙句「幾山河〜鰻」の句ですが、和歌「幾山河越えさりゆかば〜」の本歌取りも狙ったのですが、「鰻」の旅には、ちょっと似合わなかったかも…
御句ですが、曖昧な観察という気がします。こちらの意志をぱっと出した方がいいのでは…と思います。
「手直し句」、古風にすれば、

逃げも隠れもさせんぞよごきかぶり

とかどうですかね…

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

ただそこに逃げも隠れも蜚蠊

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「ただそこに逃げも隠れも」の措辞で、見つけてしまって時が止まった瞬間が浮かんできました。割と通る所のど真ん中にどうとうと太々しくいるあいつ。それ見て固まる作者。「逃げも隠れも」で「せず」を入れなかったのは字数調整ではなく、その時の止まった瞬間を表現したものではないか?とも思いました。
ごきかぶりは漢字の方がより気持ち悪さが出る気がしました。漢字にすると字足らずで「ゴキブリ」と読みたい気分

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「ただそこに逃げも隠れもごきかぶり」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

鉄線花の西風子です。
添削、ありがとうございます。
我が糧なりや、とは大仰な。
日の一句詠めれは嬉し鉄線花
が素直なところで、こちらの方が身の丈にあっており座りがいいです。

点数: 1

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

卓上の逃げ隠れせぬごきかぶり

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・コメントありがとうございます。確かに、季は動くといえば大抵動きますね。季語以外の措辞が強い季感を持つわけではありませんので。
御句・・上五は不要なような気もしますが、ゴキブリを見つけた作者の驚きと動きととれば、このままでいいと思いました。掲句は私流に平坦な句になりますが、一応。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かわせみゃ祭り太鼓の高き音

作者名 さつき 回答数 : 4

投稿日時:

こだまゆえ

作者名 カコ奴 回答数 : 1

投稿日時:

心晴れ道辺の草の青みたる

作者名 博充 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ただそこに逃げも隠れもごきかぶり』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ