俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

階段や桜吸い込む龍の口

作者 楠木雨水  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

地下鉄の階段入り口に桜の花びらが、吸い込まれていくところを見て、
さくらの花びらを食べる架空の動物を想像しました

最新の添削

地下鉄へ吸い込まるるごと落花かな

回答者 秋沙美 洋

楠木さん、こんにちは。

ちょっとこれはだいぶ厳しいですね。まず比喩が比喩だと分かりません。

「地下鉄の階段が龍の口のよう」という気付きは良いと思うのですが、俳句の題材としてはかなり難しいかと思います。
季語じゃないもの(階段)を比喩で立たせようとしているので、必然的に季語が添え物的な扱いになってしまうんですね。

桜の句ではなく、階段が主役の句になってしまっています。これでは桜が可哀想ですよ。
作者の言いたい事が分かる様に17音に込めようとするなら、季語を一切切り捨てる他ありません。
「地下鉄の階段龍の口のごと」

季語を諦めるか、龍の口を諦めるか…どうしましょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

地下鉄の階段に吸はれ花片

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

これはプレバトでもよくある、比喩がきつすぎて何を言っているかわからない句ですね。
「桜の木」を吸い込む「龍の口」なので、すごい穴が開いています。
それを上五「階段」に切れ字の「や」で詠嘆しています。

桜の花びらは「花びら」「花片」でOKです。他にも「落花」とか「花埃」とか桜の花びらの表現はいろいろありますので、お時間あるときにでも・・・

比喩を生かして素直に作れば
・階段は花びらを吸う龍の口
となりますが、これでは季語の生きない「階段」の句です。俳句として生かすためにいろいろ試してみてください。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紅薄き母の横顔虞美人草

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

向日葵や介護申請終へし朝

作者名 中村あつこ 回答数 : 4

投稿日時:

七階の押しくら饅頭初袋

作者名 河内 五右衛門 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『階段や桜吸い込む龍の口』 作者: 楠木雨水
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ