俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

次の手に迷ひ扇子を閉ぢにけり

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中盤の一手の決断を。

最新の添削

勝負どこ迷いて扇子閉じにけり

回答者 卯筒

久田さんの句を自分ならこういう句にするかなぁと思い詠んでみました。
へぼ将棋指しなのでこんな感じの句になりました。
将棋も俳句も感じること考えることが楽しいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「次の手に迷ひ扇子を閉ぢにけり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
久田しげき様、拙句「距離置いて」のご評価有難うございました。
季語が動く」という意味すら知らなかった駆け出しです。勉強させていただきました。

御句、私は将棋をやりませんが、好きなTVの古畑任三郎の将棋の回(坂東八十助さんゲスト)が思い浮かびました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「次の手に迷ひ扇子を閉ぢにけり」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
私は将棋をした事がございませんが、藤井聡太さんの事は少し知っております。将棋はとても頭を使うのでしょう。だから久田様は、良い句が詠めるのですね☺️羨ましいです。

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木々の影ひかりと化せり春の川

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

観世音みつめる海の秋の空

作者名 よし造 回答数 : 7

投稿日時:

夢見ては覚めてぼやける朧月

作者名 白千 定子 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『次の手に迷ひ扇子を閉ぢにけり』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ