俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

睡蓮や波風立てぬ我が暮らし

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

それでよし。
これがよし。

最新の添削

「睡蓮や波風立てぬ我が暮らし」の批評

回答者 小西晴菜

秋沙美 洋さま。とても遅くなって恐縮ですが、拙句「鑑真へ」へのアドバイス、ありがとうございました。博物館で大いに感動し、帰りの電車から投句。今思えば、「鑑真和上の生涯」「東山魁夷の絵の素晴らしさ」「揚州薫風」「博物館での自分の感動」とあまりにもかけ離れた様々な要素を、未整理のまま句にしてしまったと反省しております。
さて、御句「睡蓮や」。私には、清々しい理想の境地と感じられました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

睡蓮や波風のなき我が暮らし

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

下五「我が暮らし」で客観に寄せようという意図を見ます。とすると中七の措辞は「立てぬ」ではないのでは?と思いました。

客観に寄せる必要がなければ、「我」を文字でわざわざ登場させずに
・睡蓮や波風立てず暮らしけり
こちらの方が句意には近そうですね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

睡蓮やそよ風だけの我が暮らし

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

秋沙美さん、おはようございます🙂
「波風たてぬ」は皮肉ですかね…
自嘲的な意味あいも感じられないので、そのままなんですかね…🧐
とすると、なにか教訓的、警句的な響きがあって、面白みがない、という気がします。
「風」をもっと詩的にしたいですかね。
「手直し句」は、ちょっと考えついただけのものなので、気にしないで下さい。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

蓮の花波風立てぬ我が暮し

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・風薫るの季語の本意を考えて見ます。ありがとうございました。
御句・・コメントを見ると、波風が立つのを抑えているということでしょうから、「立てぬ」という意志があってよいと思います。「我」も強調する意味でひつようでしょう。これでいいのだと思いますが、私には季語は、意味的な関連性ということで蓮の花がいいようにも思います。提案句です。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「睡蓮や波風立てぬ我が暮らし」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

秋沙美さん、こんにちは。
風薫るの句へのコメントいただきありがとうございました。
テニスが終わって汗をかいていたところに気持ちの良い薫風が!その事を詠んでみたいなと。靴紐は本当には解いていませんが、終わったところを表現する言葉を探しました。コメント嬉しかったです。励みになります。

御句拝読させていただき、さらりとした心情句でとても好きな句と感じました。
睡蓮は浮き草ではありませんが、そんな雰囲気もあり、ミニマリストの感覚も匂わせながら、水面下でしっかり根をはってるのかなぁ〜とか、色々想像して楽しく読ませていただきました。

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

我が暮し泰平の華や蓮の花

回答者 村山陽子

句の評価:
★★★★★

秋沙美様。蓮華の句のアドバイスありがとうございました。
貴方様の御句を拝観し年月を、つつが無く過ごしましたよ、これからもそうでありたい。
「泰平のかや」「蓮のはな」蓮はどのようなところでも美しく咲く。そうありたい。

点数: 0

添削のお礼として、村山陽子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

球春や言われた場所でベスト出す

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

日曜日ゆっくりしながらホトトギス

作者名 リーフ船長 回答数 : 3

投稿日時:

ひまわりも向暑で花を綺羅つかせ

作者名 優子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『睡蓮や波風立てぬ我が暮らし』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ