俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋時雨アンダルシアに憧れる

作者 鳥田政宗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

アンダルシアに憧れて バラをくわえて踊ってる
地下の酒場のカルメンと 今夜メトロでランデブー
ダークなスーツに着替えて ボルサリーノをイキにきめ
いかすクツをはいた時に 電話がオレを呼び止めた
受話器の向こうがわでボス 声をふるわせながらボス
ヤバイことになっちまった トニーの奴がしくじった
スタッガーリーは言うのさ 今夜 港で決着を
立ち入り禁止の波止場の 第三倉庫に8時半

最新の添削

「秋時雨アンダルシアに憧れる」の批評

回答者 カイ

こんばんは。
句を読みまして、私には中七下五の言葉が近藤真彦さんの曲をすぐに映像として頭に浮かびました。他にも同じ名前の曲もあったのですね。
季語から、私は恋愛が上手くいっているように見えて彼女にいいように振り回されてる彼氏の光景をイメージしました。
最近、秋の句を3つ投句しましたので、コメントお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、カイさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

解体を待つ駅ビルや春夕焼

作者名 なおじい 回答数 : 12

投稿日時:

翡翠や小魚渡しプロポーズ

作者名 鳥越暁 回答数 : 2

投稿日時:

夏の月窯変を待つ火のゆらぎ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋時雨アンダルシアに憧れる』 作者: 鳥田政宗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ