俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

平野水和道空手の小休止

作者 カイ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語は平野水で、ラムネの事を指してます。
小学生時代、夏の時期に習っていた和道空手の稽古の休み時間。つまり小休止の時に差し入れで冷たいラムネを飲んで稽古で熱くなった体を冷やした事を句にしました。季語と和道空手だけを組み合わせてみました。冷たさと熱さの対極を組み込んでみました。

最新の添削

サイダーや和道空手の小休止

回答者 負乗

カイさん、こんばんは🙂
まいどえらそうに失礼します😅
「平野水」と言う季語、使ってみたくなりますよね…面白い季語だと思います。
ただ、この句ではどうですかね…
"へいやすい"と読んでしまいそう…
"ひらのみず"…大正時代っぽいですかね。それを意図しているなら、それもあり、ですが…
私の「手直し句」では、平凡すぎるかも知れないですね…😔

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

冬ざれの寝床に君の髪二本

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

沈丁花闇のなかなる香りかな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

太刀魚や切り身の艶のなほ眩し

作者名 三男 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『平野水和道空手の小休止』 作者: カイ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ