俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老舗の鰻旨し心慰む

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ステイホームのゴールデンウィーク。美味しい物食べたら気が晴れました。

最新の添削

「老舗の鰻旨し心慰む」の批評

回答者 鬼胡桃

おはようございます。
句を読みまして、感じました事を報告します。
他の方と被ってしまいますが、旨しはなくても良いと思います。
いきなりですが、お願いがあります。登盛満さんのこの句から、自分なりの句を思いついたのですが、投句してよろしいですか?
先に許可を取っておけば、コメントに了承済みである。と書けて、混乱を招かずに済むと考えました。よろしいでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

安らがんために老舗の鰻食ぶ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

うなぎうらやましいです。

御句、この内容で定型の五七五に近づけたいですね。「老舗の鰻」はそのまま、「旨し」は省略して、「心慰む」は他の言い方も検討する、という感じでしょうか。

・癒される老舗の鰻取り寄せる
・心癒すために老舗の鰻食ぶ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

自粛了え老舗の鰻喰ぶてゐる

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

登盛さん、こんにちは。

定石でいくと、鰻ですから「旨し」と書かずとも…鰻という季語自体が内包する「旨し」をもっと信じてやりたい所です。ましてや老舗なのですから、尚の事旨いのは間違いないはず。
とはいえ、わざわざ「旨し」と書きたくなるくらい美味しい鰻だったんだろうなあ、という熱量も確かに伝わります。
「あの鰻がとっても旨かったから旨しと書きたいんだ」そんな情熱が有っても全然良いと思います。「実」を描くのは大事ですからね。
俳句としての体裁をとるか、自分の気持ちを優先させるか。自分が正しいと思う方で句作を続けて欲しいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

欝の日の老舗の鰻こころ解ぐ

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・白い猫が陽炎になったという幻想的な添削句、いいですね。
御句・・やけ食いという言葉があるように食べるということは心と密接につながっていると思います。 日記としての俳句なら「旨し」でいいと思いますが、俳句としては避けたい。それを踏まえた掲句です。読み下しなので説明的と思われるかもしれませんが。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

吾子の踏む土くれの影二月尽

作者名 晴峯旬草 回答数 : 3

投稿日時:

北風や二人ぼっちで橋の上

作者名 丼上秋葵 回答数 : 1

投稿日時:

休憩のみみへ微かに滝の音

作者名 中村あつこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老舗の鰻旨し心慰む』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ