俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

君子蘭玄関先に春惜しむ

作者 洋子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

満開の君子蘭が散ってしまいました。玄関先に鉢を置いて楽しんでいましたが 散ってしまい もう春も終ったと 感じました

最新の添削

二番花三番花と燕子花

回答者 華子

カキツバタは花が終わると同じ花の横から二番花、三番花、どうかすると四番花まで次々に出てきます。一本、一本の花がそのように長く見せてくれるので、愛おしく、ありがとうと思いながら眺めています。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、華子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

惜春や玄関に散る君子蘭

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「君子蘭」と「春惜しむ」で季重なりですね。

コメントの通り、君子蘭を散らした方が・・・と思いました。
素直に変えれば

・君子蘭散る玄関に春惜しむ

すこし形を変えて、俳句の基本形したものが上に「手直し」に置いた提案句です。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天のギターソロ竜登りゆく

作者名 知世 回答数 : 6

投稿日時:

ピン呆けは歳かレンズか陽炎か

作者名 ロスジェネの申子 回答数 : 1

投稿日時:

鹿鳴館跡地やけふの細雪

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『君子蘭玄関先に春惜しむ』 作者: 洋子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ