俳句添削道場(投句と批評)

翔子さんの添削投稿の古い順の267ページ目

「夏の宵ブランコ乗りの離した手」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 夏の宵ブランコ乗りの離した手

げばげば様
早い様な、げばげば様は添削道場2年目なのですね。おめでたいですね😃✨✨いつもありがとうございます。夏ぐもりの添削もありがとうございます。夏ぐもり花ある君とショッピングにしたら少し詩がありますかね、(本当は一人のショッピングですが…😢)これも駄目かな💦

点数: 1

「ひまわりや今日の一と日を向き変へず」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: ひまわりや今日の一と日を向き変へず

久田しげき様
向日葵というと、お日様の方を向くのが通例ですね、でもあまり変化が無い時もあるのですね。私は向日葵といえば、夏の終わり頃長野で姉とひまわりの種を取って食べた記憶があります。本当は売っているものは、塩が振ってあると思いますが💦懐かしいです。

点数: 0

「ひまわりや今日の一と日を向き変へず」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: ひまわりや今日の一と日を向き変へず

久田しげき様
それから添削ありがとうございます。そうですね。本当に💦報告になってしまいました。俳句の難しいところですね。詩を入れる様に頑張ります。ひまわりは情熱的な感じがします。太陽神アボロンに恋をした、水の精が悲恋の末、足が地に根付き、ひまわりになってアポロンを追い求めているのだというギリシャ神話が調べていたら出できました。ひまわりは、情熱的で熱い感じ駕しますよ

点数: 0

翔子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

覚えたよミルクセーキの作り方

回答数 : 4

投稿日時:

白い朝沈思黙考絵画見る

回答数 : 1

投稿日時:

花の春梅香漂う吉野郷

回答数 : 3

投稿日時:

野の花よ青き可憐ないぬふぐり

回答数 : 1

投稿日時:

寝たきりの三月生まれ父の顔

回答数 : 1

投稿日時:

翔子さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

初秋の来たれど帰へる秋はなし

作者名 西風子 回答数 : 3

投稿日時:

七変化性格の不一致離婚

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 8

投稿日時:

樟脳の香る晴れ着や大晦日

作者名 なおじい 回答数 : 11

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ