俳句添削道場(投句と批評)

めいしゅうの妻さんの添削得点の高い順の8ページ目

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ

イサク様へ
最後のご挨拶です。読んで頂ける事を信じて。
どんなに自分を正当化しようとも私の行為は許されざる行為でした。
多くの方から慕われている御氏を私は侮辱してしまいました。
死してお詫び申し上げます。
ただ明日、お世話になった皆さまに最後のご挨拶をすることだけは
お許しください。

点数: 2

「晩春や父の書棚の星の砂」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 晩春や父の書棚の星の砂

げばげば様こんにちわ。
めいしゅうといいます。
満開の桜の下の父の影 の添削有難うございました。
初心者ですが今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

「桜蘂降るや遊具の撤去跡」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 桜蘂降るや遊具の撤去跡

つちや様はじめまして。めいしゅうと言います。
砂浜や・・・の添削有難うございました。ご指摘の通り、季語が抜けておりました。
添削された句を拝見して、自分でも推敲して砂浜に母の面影夏の海 してみました。
今後ともよろしくご指導お願いいたします。

点数: 1

「桜蘂降るや遊具の撤去跡」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 桜蘂降るや遊具の撤去跡

つちや様へこんばんは。
畦蛙・・・の句のご指導大変ありがとうございました。
田んぼの畦にいる蛙を単純にイメージして畦蛙としてしまいました。
完全な造語ですね。すみません。
俳句つくりはごく最近から挑戦しております。拙句ばかりですが多作も勉強だと思い
投稿しております。送りかなの間違いも含め今後は注意したいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
添削いただいた御句では
夏近し蛙は笑ふやうに鳴く のほうが私の思いに適うようで有難うございました。

点数: 1

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 牡丹散ればふたたび雨の小庭かな

つちや先生へ
ケロケロ蛙の添削ご指導有難うございました。初心者である私に毎回のご指導感謝しております。おっしゃるように情景描写と説明の違いが私にはまだよく理解出来ておりません。難しいです。また、私は情景に感情移入するくせが有ります。これは俳句としてはあまり良くないことでしょうか?
次回の添削もぜひよろしくお願いいたします。
生意気ですが、つちや様の自然への観察眼に感服しております。

点数: 1

めいしゅうの妻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

終でなく蛍の光始めなり

回答数 : 9

投稿日時:

我が犬と天の川かな夜の空

回答数 : 7

投稿日時:

暑き日や犬も仰け反り臥せしたり

回答数 : 8

投稿日時:

おのこでも桃の実食べてピーチピチ

回答数 : 4

投稿日時:

子供らに言えぬ心配帰省かな

回答数 : 0

投稿日時:

めいしゅうの妻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

南風三線の響きを載せて

作者名 syuuyu3 回答数 : 2

投稿日時:

QRコードでワープ爆心地

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

龍淵に潜む一本足鳥居

作者名 つちや郷里 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ