俳句添削道場(投句と批評)

エイジちゃんさんの添削最新の投稿順の2ページ目

「サングラス外して眺む碧き海」の批評

回答者 エイジちゃん

添削した俳句: サングラス外して眺む碧き海

こんにちは。はじめまして。
サングラスを外したから、本当の海の色が見えたと思います。
あなた様の句。
・サングラス外せば海の碧さかな
宜しくお願いいたします。

点数: 1

「夏浅し風になりゆく叔母の声」の批評

回答者 エイジちゃん

添削した俳句: 夏浅し風になりゆく叔母の声

こんばんは🌜
「夏浅し」とすると主観が強くなるので、映像にはなりにくいと思います。
映像にするには、見たままを具体的に詠むと良いと思います。
あなた様の句。
・夏空の風になりゆく祖母の声
としました。
宜しくお願いいたします。

点数: 1

「はっぱはっぱ幼子の声花は葉に」の批評

回答者 エイジちゃん

添削した俳句: はっぱはっぱ幼子の声花は葉に

おはようございます。
あなた様の句。
五七五にしてみました。
かこさんにお子さんがいらしたなら、俳人のセンスを間違いなくお持ちでしょうから。

・花は葉にはっぱはっぱと吾子の声

宜しくお願いいたします。

点数: 1

「見返りて名残る札幌雪まつり」の批評

回答者 エイジちゃん

添削した俳句: 見返りて名残る札幌雪まつり

こんにちは。
「ひとつばたごの花」の句のご指導、添削ありがとうございます。

 むらがり集まる星々のような花が溢れんばかりに咲いてます、という見たままを五・七・五で詠んでみました。

 季語が9音ありますので、少し悩みました。傍題「なんじゃもんじゃの木の花」に至っては、11音ですから私にはまったくお手上げです。

盛りを過ぎて、そろそろ散りかけてますので、それも詠んでみたいです。

宜しくお願いいたします。

点数: 0

「北の地に木の芽は今日もふくらみて」の批評

回答者 エイジちゃん

添削した俳句: 北の地に木の芽は今日もふくらみて

こんばんは。
「花の宴」の句のコメント、添削を誠にありがとうございます。
ラヴェルのボレロをイメージいたしましたが、俳句は目に見えるものを確りと詠むことが一番に大切なことですね。
ありがとうございました。

点数: 0

エイジちゃんさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

群星のひとつばたごの花あふる

回答数 : 8

投稿日時:

青空にボレロのごとく花の宴

回答数 : 3

投稿日時:

花過ぎて現場職員解散す

回答数 : 5

投稿日時:

入学や一歩踏み出せよ思うさま

回答数 : 3

投稿日時:

花過ぎや工事完了鍵掛ける

回答数 : 2

投稿日時:

エイジちゃんさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ブルドーザ轟き渡る雪の朝

作者名 秋恵 回答数 : 4

投稿日時:

堤防にぎぎ置き去られ波高し

作者名 イサク 回答数 : 2

投稿日時:

滝壺を出でし流れは青やかに

作者名 そうり 回答数 : 19

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ