俳句添削道場(投句と批評)

晴峯旬草さんの添削最新の投稿順の3ページ目

「少年の黙なり鮫の餌付けショー」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 少年の黙なり鮫の餌付けショー

そうり様
よろしくお願いいたします

「冬の朝」へのコメントありがとうございます。寒海苔の句、また違った味わいがありますね。可愛さのようなものを感じました。

点数: 1

「レース越しやはらかな陽を冬の蠅」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: レース越しやはらかな陽を冬の蠅

猫山竹様
よろしくお願いいたします

「木の葉」へのコメントありがとうございますございます。子供わんぱくを読み取っていただけて嬉しいです。
添削句ですが、こちらの方がより季語の立つものになっていて、俳句らしさが出たと思います。ありがとうございました。

点数: 1

「鷹の目の煌々ネオン褪せた街」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 鷹の目の煌々ネオン褪せた街

南風の記憶様
よろしくお願いいたします

「木の葉」へのコメントありがとうございます。とても適切なコメントと、素晴らしい添削句ありがとうございます。とても詩的になったと思います。ありがとうございました。

点数: 0

「山茶花の紅白こぼれ咲きにけり」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: 山茶花の紅白こぼれ咲きにけり

素一様
よろしくお願いいたします

「厚着」へのコメントありがとうございます。おっしゃるように中七に直して差し支えないと思います。
息子は今のところ毎日上手に転んで過ごしております。

点数: 1

「レース越しやはらかな陽を冬の蠅」の批評

回答者 晴峯旬草

添削した俳句: レース越しやはらかな陽を冬の蠅

猫山竹様
よろしくお願いいたします

「朝寒し」へのコメントありがとうございます。日常に密着した句を読むのが、自分らしいかな。とも思っているので、そう言って頂いて嬉しいです。

御句ですが、上五中七のクオリティが素晴らしいですね。
やわらかな陽「を」が果たして「を」で良いのか悩みます。「に」を使うと散文的なイメージになりますが、こちらのが蝿に陽が当たる様がイメージしやすいとも感じました。
句意に合いませんでしたらすみません。

点数: 1

晴峯旬草さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

春の朝子には聴こえる電車音

回答数 : 2

投稿日時:

春の空煙草咥えたボケじじい

回答数 : 2

投稿日時:

入学児くちびるを噛むカメラ前

回答数 : 1

投稿日時:

低木の隙間くぐる子春の風

回答数 : 1

投稿日時:

野球場フェンスを越えて花が散る

回答数 : 2

投稿日時:

晴峯旬草さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ライブへと青き踏むはずだったのに

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

蝉の声響く木陰下茶を飲む

作者名 りんと 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

枡型の城門抜けて梅探る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ