俳句添削道場(投句と批評)
なおじいさんのランク: 師匠2104段 合計点: 6,430

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ありの実と呼べど通じず梨かじる

回答数 : 31

投稿日時:

名月や旅に出てこそ輝けり

回答数 : 32

投稿日時:

スーパーのタイムセールや秋時雨

回答数 : 18

投稿日時:

肉は牛じゃなきゃ豚汁芋煮会

回答数 : 24

投稿日時:

場所譲りシートを借りる運動会

回答数 : 18

投稿日時:

なおじいさんの添削

「ナチュラルに虫対策やラベンダー」の批評

添削した俳句: ナチュラルに虫対策やラベンダー

笙染さん、こんにちは。
御句拝読しました。ラベンダーが季語ですか!おしゃれですね。それも香水とか、そちらの方ではなくて虫対策とは。まいりました!

さて御句、上五「ナチュラルに」、と「に」で受けますと、手段・方法の説明のようになり、好ましくないかもしれません。「ナチュラルな」と形容詞的に受けた方がいいと思います。
ただ、「ナチュラル」もいいですが、他にも言い方がありますね。

・虫対策オーガニックにラベンダー
・自然派の防虫対策ラベンダー(中八)
・虫除けは自然の力(ちから)ラベンダー

なんだか、提案というより、笙染さんの句をヒントに色々楽しませてもらいました。有難うございました!

点数: 0

「ひたすらに歩き続けて玉の汗」の批評

添削した俳句: ひたすらに歩き続けて玉の汗

馬場芳樹さん、こんにちは。
いつも私のコメントに気持ちのいい反応してくださって、有難うございます!
私も褒めるばかりではなく、時には辛口のことをお伝えすることもありますが、対面ではないこと、それゆえに相手がどのような方かわからないことから、ものの言い方には気をつけているつもりです。
それでもハラハラです。
そんな中、芳樹さんのように(笙染さんもですが)前向きに受け止めてくださると本当にホッとします。

さて御句拝読しました。この暑い中、「ひたすらに歩き続け」たら玉の汗も出ますよね。
それは誰でも共感するのですが、それでももう少し情報を乗せて、作者の気持ちに少しでも近くで共感してもらいたいですよね。あさってのところで共感されるより(笑)。
それは、想像の幅を狭めるということではなく、光景を少し具体的にして共感を誘うということです。

前置きが長くなりましたが、御句に、たとえば場所とか時間とか、あるいは歩いた目的とかを付加したら、それだけ光景が鮮やかになってくるのではないでしょうか。
例えば商店街、図書館へ、三時間、道迷い・・・。

あえて提案句は置きませんが(置かないのかい!)、よろしくお願いします。

点数: 0

「蝉の音白煙濁く夜空」の批評

添削した俳句: 蝉の音白煙濁く夜空

田中万次郎さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。夜にお仕事とか終わってくつろいだひとときの句ですね。そういう時に俳句を思いつくというのはすごいですね!

御句、とてもいい雰囲気です。さらに良くするためにちょっとだけお伝えさせてください。

上五「蝉の音」ですが、機械とかでなく動物ですので、もちろん口から発しているわけではないですが「蝉の声」ではいかがでしょうか?

中七「白煙」ですが、何の煙かわかってもらえないともったいないので、「紫煙」ではいかがでしょうか。紫煙はタバコの煙のことです。

「濁く」ですが、ちょっと読みにくいので(実は私もまだ読めていません)、できるだけ多くの人に共感してもらうために他のわかりやすい語に置き替えてはいかがでしょうか?

下五の「夜空」ですが、それなりのムードはありますが、読み手の想像を膨らませるために、単に空でもいいかと思いましたがいかがでしょうか。

これらから、

・蝉の声紫煙と空に吸はれゆく

と提案させていただきます。

田中さんはとてもいい感性をお持ちのようですので、ぜひまた聞かせてください。お待ちしてます!

点数: 1

「去年日傘しばらく雨に濡らしけり」の批評

添削した俳句: 去年日傘しばらく雨に濡らしけり

負乗さん、こんにちは。
御句拝読しました。その時の光景が浮かびますし、負乗さんのお気持ちもわかりますよ。
ただ、ご自身でもご懸念のように、去年日傘はちょっと…と思いました。去年は新年の季語ですし、そうでなく扱うとしても、「去年の日傘」と「の」を入れたいです。

「古日傘」はどうでしょう?と思いましたら、竜子さんが(笑)!

少し違えて提案します。

・亡き母の日傘しばらく日に干せり

お母さまご存命だったらごめんなさい!

負乗さん、いつも有難うございます。よろしくお願いします!

点数: 3

「玉の汗流しているや館の中」の批評

添削した俳句: 玉の汗流しているや館の中

馬場芳樹さん、こんにちは。
拙句ハンディファンにコメント有難うございました。ハンディファンは季語ではないですよ(笑)!
季語のようにお取り扱いの先生もいらっしゃるようですが、私の頼りどころとしている角川の歳時記には載っておりませんので。まあ、近々に載るかもしれませんね。

・どれ持とうスマホ日傘にハンディファン

自分で提案してしまいました!

さて御句、よほど暑かったのですね。お疲れ様でした。初読では、「館」がちょっと意味不明でした。美術館もありますし、体育館、単なる洋館あるいは占いの館とか(笑)。やはりここは、図書館と言いたいですね。

・図書館は隣り町なり玉の汗

熱中症に気をつけてくださいね。

点数: 0

なおじいさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ