ノベル道場/小説の批評をし合おう!

▼おすすめ小説!

寿国演義 無邪気皇后銀鈴、茶番で投獄されるのこと (No: 1)

スレ主 ドラコン 投稿日時:

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ranove.sakura.ne.jp/1story_system/public_story/03084.shtml

 ドラコンです。「創作相談掲示板」「プロット掲示板」でアドバイスをくださった皆さん、ありがとうございます。何とか完成させました。掲示板のほうへ、構想を出していたころが、いちばん楽しかったですね。実際の執筆では、ハイになる特に書きたい場面はともかく、その他の場面は「事務作業」でした。出そうか、出すまいか、迷ったのですが、せっかく完成させられたので、出してみます。

 とはいっても、何度も「創作相談掲示板」「プロット掲示板」「プロローブ掲示板」「旧掲示板」「鍛錬投稿室」に投稿したものの焼き直しですが。それこそ、初出から最大10年前後経っています。覚えておいでの方はいますか?

 書いていて感じたことは、以下の通りです(順不同)。

 1、「中華・時代劇風ファンタジー世界」が上手く表現できているか? 洋服を着ている印象を持たれたくないので、今作ではあえて服装説明を細かくしてみた。その印象は?
 2、香々の故郷が、「シルクロードの町」と感じられるか?
 3、地の文のうち、「発言者を示す」「視点人物の心情」「背景事情」「キャラの仕草や表情」の書き方がよく分からない。発言者を示す部分は、「〇〇がこう言った」の単調になりやすい。
 4、全体的にご都合主義ではないか?
 5、香々が、消えたり現れたり、閉じ込められていても、出たり入ったりするが便利過ぎないか(ご都合主義)?
 6、裁判場面が2回あるなど、同じ内容を繰り返し書いた感じがするが、その印象は?
 7、作中劇『梨妙音伝』は、初出時には簡単に地の文で説明し、後に銀鈴が細かく説明している。このやり方はどう思われるか?
 8、こちらの管理人・うっぴーさんがツイートされている創作論( https://twitter.com/ranokenn )とは、正反対のことばかりやっているのでは? 主人公・銀鈴が、「受け身」「操り人形」では? また、設定ばかり書き連ねているのでは?
 9、特に書きたい場面はハイになった。だが、それ以外の場面や推敲は、「単なる事務作業」の感じがした。
 10、タイトルの印象は? 作品全体のタイトルも、章題も、「出オチ(ネタバレ)」になっているのか? それともこれで良かったのか?
 11、台詞を書いていて、銀鈴、茘娘、棗児、香々が「何でこんなことを知っているのか?」と感じた。
 12、Wordの音声読み上げ機能を使って推敲すると、場面によっては、「録音した自分の声を聞く感じ」の恥ずかしさがある。また、量が多いので読み上げにも時間が掛かる。
 13、どうしても、台詞が「説明臭く」感じる。

あらすじ

≪1≫
 舞台は、中華風ファンタジー世界の後宮。そして、後宮は妃たちが皇帝の寵愛を競う場ではなく、国お抱えの女性だけの劇団。
 邪気を寄せ付けない、だれからも懐かれる天性の「無邪気」の性質を持った、皇后・張銀鈴(ちょうぎんれい)は、侍女の留茘娘(りゅうれいじょう)、程棗児(ていそうじ)とともにコオロギ賭博をやっていた。そこを、皇帝・紀仁瑜(きじんゆ)と、側近で判事の越忠元(えつちゅうげん)に見付かって、現行犯逮捕されてしまう。
 銀鈴たちは、後宮内の牢獄に送られた。銀鈴の姉弟子に当たり、判事見習の晶芳雲(しょうほううん)から取り調べを受ける。取り調べでは、銀鈴たちは芳雲から、後宮の牢獄で幽霊が出るとのウワサと相まって、銀鈴たちが蟲毒・呪詛をやっているのでは? との告発状が提出されていることを聞かされる。たが、これを否定する。
 また、大規模なコオロギ相撲賭博大会についても聞かれたが、これは黙秘した。
 銀鈴たちは芳雲から、証拠隠滅・逃亡の恐れがあるとして、「吟味中の入牢」を命じられる。抗議するが、「勅命である」と押し切られる。

≪2≫
 銀鈴たちは、雑居房に収監された。銀鈴たちは、銀鈴が初主演を務めた演目『梨妙音伝(りみょうおんでん)』での、新人女官で主人の不興を買い、投獄され、虐待される役「梨妙音」の話で盛り上がっていた。
 そこに、女官に化けた皇太后と仁瑜が、差し入れを持ってやってきた。差し入れの中には、正体不明のお守り袋があった。「牢獄には幽霊が出る」とのウワサがあることから、銀鈴たちはこのお守り袋を「幽霊除けのお守り」と判断する。また、このときに仁瑜から「賭博罪には計画段階で処罰する規定はない」と聞かされ、コオロギ相撲賭博大会潰しの生贄にされたと、銀鈴は判断した。
 後日開かれた茶番裁判で、銀鈴たちは「蟲毒・呪詛は嫌疑なし。賭博で当分の間、牢獄で労役」の刑を宣告される。

≪3≫
 朝食が消えたため、労役中にイチジクを盗み食いした銀鈴たちは、獄則違反として、3人まとめて真っ暗な独房へ入れられる。その独房で、ウワサの幽霊であり、300年前に獄死した悲劇の踊り子皇后・麹香々(きくこうこう)と出会う。香々の獄死事件が下地になった『梨妙音伝』で主役を演じたのが銀鈴で、銀鈴が当代の皇后であることで、銀鈴は香々に気に入られた。
 銀鈴たちが持っていたお守り袋を開封すると、中から「幽霊除け」ではなく、正反対の「幽霊おびき出し」の霊符だった。
 銀鈴は、同じ「生贄」でも、「コオロギ賭博大会潰し」ではなく、「幽霊おびき出し」の「生贄」にされたことに、激怒。
 香々が現れたことで牢獄から出られた銀鈴は、この策の発案者である忠元を、雷が落ちる霊符「雷符(らいふ)」で攻撃するも、不発に終わり、銀鈴は気絶する。忠元が雷除けの霊符を持っていたことと、銀鈴の「雷符」が定められた手順に則っていなかっためだ。
 目を覚ました銀鈴は、この策を認めた仁瑜に食ってかかるも、香々から「あなたたちが“本物の囚人”だったから出てきたのよ。そうでなかったら、退治されるかもしれないので、出てこなかったかもしれない」となだめられ、機嫌を直す。
 後宮の霊廟で、香々をお披露目する大々的な祭祀が行われて、幽霊出現のウワサは消滅した。

≪4≫
 香々が、出会った直後の銀鈴たちから「馬や駱駝で3カ月かかった故郷まで、汽車なら1日半~2日で行ける」と聞かされ、汽車に乗りたがっていた。
 このため、事件解決のご褒美を兼ねて、おしのびで銀鈴は仁瑜に、案内役に忠元を従え、香々と世話係の茘娘と棗児ともに、温泉の離宮への1泊旅行に連れて行ってもらった。
 道中、香々は鉄道に感心しっぱなしだった。
 離宮の露天風呂で、銀鈴は茘娘と棗児と一緒に、香々から獄死させられた顛末を聞かされ、震え上がった。また、香々に指圧をしたことで、大いに喜ばれた。
 ぶどう棚の下で宴会を楽しみ、帰宮し、皇太后にお土産の瓜を渡した。

目的:趣味で書く

要望:長所を教えてください!

この小説を批評する!

人気批評!寿国演義 無邪気皇后銀鈴、茶番で投獄されるのことの批評 (No: 2)

投稿者 読むせん : 3 No: 1の返信

投稿日時:

ひたすら好みのままに言います!!合わなかったらスルーでお願いします!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1,難しいです。

冒頭の冷風扇で

急々如律令は「いそいで速く」「律令のごとくに動け」なので、ここはいいけど
「臨兵闘者皆陣列在前」は「戦に臨める闘者兵士、みんな陣をそろえて我が前に整列せよ」なのを知っているため、それが扇風機回されるトリガーになるのモヤってしまいました。

列車を筆頭に文明を象徴する便利グッズ入れたいのは分かりますが、私的なご都合主義作品目安
「水道の明記が無いけど、自動水洗トイレや自動シャワーなどの設備があきらか個室に設置されている、2階建て以上の宿泊施設」並みに白けちゃいました。

 せめてもう少し原始的なシステムーーーーーーー単純に氷室やしっかりした厚い漆喰による断熱、室内水路などのアナログな手法をとるか、アレクサ式じゃない物理なスイッチ起動式、手動オルゴールみたいな絶えず取っ手をぐるぐる回す機構とか、ゼンマイ式とかの安っぽい道具のほうが中華風スチームパンク感が出ると思っちゃいます。

ギミック解説に拘り過ぎて場所が【後宮内のとある空き部屋。】だけなのもちょっと惜しい気がします。

北側の暗い一室なら明かり目的のロウソクやカワラケをつかった行灯の持ち込み、そのせいで気温が上がっちゃうとか。それを冷やすためにゴージャスにも貴人のために設えられた高価な機具である扇風機を持ち込みしている。とかのシチュエーション説明が好き。

あと、これは仕方がないんですが、「氷風扇」があまりに名前のまま過ぎて中華風ではなく昭和風に感じてつらい(;´∀`)中国でのシーリング・ファンの名称が「風扇」っぽいから、仕方ないんですけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
3,
やや読みにくく感じていたけど、●銀鈴、姉弟子の取り調べを受ける
の辺りから、レスポンスが一気に軽妙になるので読みやすい。
ーーーーーーーーーーーーーーー
4、ちょっとご都合主義っぽく感じてしまう

 冒頭で銀鈴が無邪気な事を、他の登場人物たちにマンセーさせ過ぎているようには感じました。中盤から一気に明るいディスがでて親しみが湧くので、もっと早い段階で明るくディスっておいてもよかったかも?

 たぶん読者的には銀鈴と初対面なので、冒頭のアゲアゲで「は?小娘マンセーですか?メアリースーですか?もういいや」みたいな妙な反感を抱いて読むの止めかねない。

ある意味、この物語自体が【読者を銀鈴に惚れさせるための戦い】だと思いますから。読者を追っ払う前に絡めとって欲しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
13
いまのところ、噺家の高座感、あるいは演劇脚本感はかなり強いです。
あんまり演劇脚本やト書き読むの好きじゃないので、私的にちょっとキツイ(´・ω・`)

香々姐さん出る所まで読めていないので、とりあえずここまで。

良かった要素

ストーリー キャラクター 設定

小説投稿先URL

https://ranove.sakura.ne.jp/1story_system/public_story/03084.shtml
(別タブが開きます) この小説を批評する!

他の批評依頼

スキル世界では【身体強化】は最強ですw。

投稿者 初心者 返信数 : 1

投稿日時:

戦闘で分からないシーンが出ないように解説を基本書いてます。 続きを読む >>

たのもー!(ボコボコにしてください)

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://kakuyomu.jp/my/works/16816927862705054170

静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

投稿者 kenissiki 返信数 : 1

投稿日時:

ミリタリーとしての本格的で圧倒的な描写と読んだ人の心に刺さる物語性です 続きを読む >>

たのもー!(ボコボコにしてください)

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054922574181

▼おすすめ小説!

クラスまるごと召喚されたけど、モンスターマスターは嫌われものでした

投稿者 だんご3 返信数 : 2

投稿日時:

初めまして。とにかくぼこぼこにしてください。超辛口でお願いします。 1、何話でやめたか 2、キャラクターは魅力的か 3... 続きを読む >>

たのもー!(ボコボコにしてください)

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://www.alphapolis.co.jp/novel/23481425/650245913

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:寿国演義 無邪気皇后銀鈴、茶番で投獄されるのこと 投稿者: ドラコン

要望:長所を教えてください!

 ドラコンです。「創作相談掲示板」「プロット掲示板」でアドバイスをくださった皆さん、ありがとうございます。何とか完成させました。掲示板のほうへ、構想を出していたころが、いちばん楽しかったですね。実際の執筆では、ハイになる特に書きたい場面はともかく、その他の場面は「事務作業」でした。出そうか、出すまいか、迷ったのですが、せっかく完成させられたので、出してみます。

 とはいっても、何度も「創作相談掲示板」「プロット掲示板」「プロローブ掲示板」「旧掲示板」「鍛錬投稿室」に投稿したものの焼き直しですが。それこそ、初出から最大10年前後経っています。覚えておいでの方はいますか?

 書いていて感じたことは、以下の通りです(順不同)。

 1、「中華・時代劇風ファンタジー世界」が上手く表現できているか? 洋服を着ている印象を持たれたくないので、今作ではあえて服装説明を細かくしてみた。その印象は?
 2、香々の故郷が、「シルクロードの町」と感じられるか?
 3、地の文のうち、「発言者を示す」「視点人物の心情」「背景事情」「キャラの仕草や表情」の書き方がよく分からない。発言者を示す部分は、「〇〇がこう言った」の単調になりやすい。
 4、全体的にご都合主義ではないか?
 5、香々が、消えたり現れたり、閉じ込められていても、出たり入ったりするが便利過ぎないか(ご都合主義)?
 6、裁判場面が2回あるなど、同じ内容を繰り返し書いた感じがするが、その印象は?
 7、作中劇『梨妙音伝』は、初出時には簡単に地の文で説明し、後に銀鈴が細かく説明している。このやり方はどう思われるか?
 8、こちらの管理人・うっぴーさんがツイートされている創作論( https://twitter.com/ranokenn )とは、正反対のことばかりやっているのでは? 主人公・銀鈴が、「受け身」「操り人形」では? また、設定ばかり書き連ねているのでは?
 9、特に書きたい場面はハイになった。だが、それ以外の場面や推敲は、「単なる事務作業」の感じがした。
 10、タイトルの印象は? 作品全体のタイトルも、章題も、「出オチ(ネタバレ)」になっているのか? それともこれで良かったのか?
 11、台詞を書いていて、銀鈴、茘娘、棗児、香々が「何でこんなことを知っているのか?」と感じた。
 12、Wordの音声読み上げ機能を使って推敲すると、場面によっては、「録音した自分の声を聞く感じ」の恥ずかしさがある。また、量が多いので読み上げにも時間が掛かる。
 13、どうしても、台詞が「説明臭く」感じる。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

口下手でも書ける感想ジェネレーター(協力元)

さんの小説を 話まで読ませていただきました。

特に が良くて、 ました!

欠点を申し上げれば、 ので、ここは改善された方が良いかと思います。

キャラクターは です!

文章は です!

次の話もとても楽しみです。応援しています!

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

ノベル道場/小説の批評をし合おう!の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ