小説のプロット相談掲示板

極光のバベル (No: 1)

スレ主 七時雨こうげい 投稿日時:

目的:プロになりたい!

要望:欠点の指摘歓迎!

キャッチコピー:最強の狩人が繰り広げる異世界冒険活劇!

カテゴリー:ラノベ(中高生向け)

あらすじ

プロローグ
・夜の森の中、深い傷を負った銀髪の女騎士が何者かに追われている。女騎士は大事そうに抱えていたカーバンクルをポータルの魔術で逃がす。そこにハンドラーと呼ばれる敵が現れた。

・最初の依頼を解決したカルは、シンシアにもう少しここに残ろうと思うと告げた。

キャラクター

主人公:カル・アスト
 〈月の狼〉と呼ばれる戦闘民族の数少ない生き残り。若干十六歳にして狩人として魔物を狩っている。魔術で作り出した剣を使った戦闘スタイルだが、魔術の腕はそれほど高くない。

ヒロイン:シンシア・ガーネット
 過去の火事によって全身を焼かれ、そのあざが今でも残っている。戦闘時には全身がほのかに赤く輝き、炎を自在に操ることに長けている。治安維持組織〈ドミニオン〉に対抗する反乱組織に所属している。カルと同年代。

敵:ハンドラー
 ドミニオン内でも特に高い地位と実力を持つ魔術師。顔は鬼のようなマスクで隠されている。黒いヘドロでできた二匹の魔物を使役する。

設定(世界観)

世界観
太古の昔の大異変によって、大地には〈天衝塔(スパイア)〉と呼ばれるかつてスペースコロニーと呼ばれていた塔がいくつも突き刺さっている。人々はその〈天衝塔〉を浄化することで、そこから発せられる『歪み』のエネルギーを〈増幅器(アンプ)〉と呼ばれる右腕に取り付けるマシンで制御していた。その制御された力を人々は魔術と呼び、〈天衝塔〉の近くに住む『歪み』の力で変異した異形の怪物を魔物と呼んでいた。

参考作品

スターウォーズ、エラゴン、ハリーポッター

作者コメント

新人賞公募用のプロットです。長編作品は今まで二作品仕上げていて、ジャンルはSFとスチームパンクでした。本格的なファンタジーは今回で初めてです。話の前半は冒険ものなんですが、後半になると学園ものにシフトします。そのせいで読者が混乱してしまうのではないかという危惧があるのですが、その辺りを教えてくれると幸いです。

この小説に意見を書く!

極光のバベルの返信 (No: 2)

スレ主 七時雨こうげい : 0 No: 1の返信

投稿日時:

すいません。あらすじの部分をミスって投稿しています。以下が正しいあらすじです

・夜の森の中、深い傷を負った銀髪の女騎士が何者かに追われている。女騎士は大事そうに抱えていたカーバンクルをポータルの魔術で逃がす。そこにハンドラーと呼ばれる敵が現れた。

・〈マルクス砂海〉を歩くカーバンクル。遠くには〈天衝塔(スパイア)〉と呼ばれる塔がそびえている。その足元にはクリスタルの針山が見える。
・突如正面の地面が爆発して人間が打ちあがる。その人物の顔はターバンとゴーグルに隠されて見えない。魔術で作り出した剣を使って、砂海の〈ヌシ〉と戦う。
・〈ヌシ〉に食べられてしまうが、上あごを左右に切り開いて脱出。それからターバンを取り払い、少年の顔が露になる。名はカル・アスト。
・視点がカルに切り替わり、〈ヌシ〉の目玉をくりぬく。そこにカーバンクルが近づいてくるが、追い払おうとする。
・それでも離れないカーバンクル。仕方なく近くの集落跡で一晩を過ごす。そこで離れる気がないと悟ったカルはカーバンクルに『バンク』と名付ける。そこでその首に三日月を模した意匠のアクセサリーを見つける。
・それに触れると、プロローグの女騎士が現れ、カルにバンクをマグノジア魔術学校にある〈天衝塔〉へ連れていくように頼む。断ろうかと思ったカルだが、彼女がカルと同じ〈月の狼〉の生き残りであることを知ると、その最後の望みをかなえるべく、依頼を承諾した。
・砂海を歩いて渡るカルとバンク。そこにラクダに乗った行商人が現れ、その生き物に乗らせてくれた。
・〈ヌシ〉のせいで船が渡れないと言った行商人に、もう倒したと告げるカル。行商人は驚く。
・砂海に繋がる港町マルディア。カルはここまで乗せてくれたお礼をしようとするが、商人はヌシを倒してくれたお礼だと言って受け取らなかった。
・ヌシの目玉を持って、依頼主の商人ギルドへ。そこで報酬を受け取ると共に、最近近くで反乱者の集団がよく出没するから注意するように言われる。
・過去の因縁を思い出して、少し不快になるカル。その後、手配してくれた宿屋に泊まることに。そこで眠っている最中、バンクに起こされるカル。どこかに行ってしまうバンクについていくと、ドミニオンに襲われている少女を発見する。
・できる限り関わりたくないカルは逃げようとするが、強引に巻き込まれてしまう。ドミニオンをなぎ倒すカルだが、少女は逃げ出してしまう。しかし背後に突然現れたハンドラーによって気絶させられてしまう。
・目が覚めると牢屋の中にいた。バンクの姿はなく、そこにはもう一人の囚人がいた。その若い男はメイスと名乗る。カルは彼にバンクはどこかと尋ねるが、知らないと言う。さらにここはマルディアのはずれにある砦であることを告げられる。
・バンクに視点移動。ハンドラーにやられたときに逃げ出していたバンクは、カルの気配を追って砦に向かう。そこに潜入したバンクは番兵の話を盗み聞きした。それによれば、カルは地下にある牢屋に捕まっているということを知った。
・牢のカギを探すバンクだが、ドミニオンの一人に捕まってしまう。しかしその兵は「ハンドラーに見つかると実験台にされる」と言って、詰め所にかくまってくれた。そこに偶然置き忘れていったらしいカギが置いてあった。
・視点は再びカルへ。どうしてここに来ることになったのかとメイスに聞かれ、これまでの経緯を話す。メイスも自分も同じようなものだと語る。そしてマグノジアの〈天衝塔〉に向かわなければならないことも話す。そこにカギを持ったバンクが現れ、二人は脱出。
・見張りを無力化しながら、各々の装備を回収する。その中で、バンクの以前の主人、プロローグの女騎士のものを見つける。メイスは直接確認したわけではないが、すでに亡くなっているだろうと告げる。
・しかしそこでドミニオンに見つかってしまい、戦いながらも脱出。そこでメイスの装備についていた記章を見て、彼が高位の魔術師であることを知る。
・脱出していくカルとメイスを砦から見るハンドラー。
・奪った馬でマグノジアへ。その道中でマグノジア魔術学校の転入を交渉しようと話す。

・メイスの家に着いた二人はそのままさっさと眠ってしまう。カルの案内された部屋にはどこか違和感があったが、疲れと眠気には勝てなかった。次の日、何者かのさっきによって目を覚ましたカルは振り下ろされた箒を掴んで止める。そこにはマルディアで出会った少女、シンシア・ガーネットがいた。
・シンシア曰く、ここは彼女の部屋だという。追い出されたカルはメイスに釈明を求めるが、ベッドが二つしかないんだとしか答えなかった。
・メイスに魔術学校に連れていかれるカル。そこで学長のマールゥ・プライスという女性と面会する。メイスと同年代という若さに驚く。そこでカルが〈月の狼〉の生き残るだと看破されてしまう。
・許可はするが、あくまで仮入学であると告げられる。明日力を見せてもらうとだけ言って、その日は終了する。
・その日の晩、バルコニーで月を見上げるカル。そこに事情を聞いたシンシアが現れる。そこで反乱組織にスカウトされるが、それを断る。ならどうして戦うのかと問われると、同胞のためだと素直に言えなかったカルは、「成り行きだ」と答えた。
・作戦に協力を申し出るシンシアに、カルは断り切れずに承諾する。計画はあるのかと問われるが、特にないと答えるカル。それに呆れるシンシア。
・次の日、入学試験として1年主席のフォード・ズデーデンと決闘することになる。その戦いで、すんでのところで勝利する。
・試験にクリアしたカルは、クラスに案内される。そこにはさきほど戦ったフォードと、シンシアがいた。教室を見回して、カルはこの依頼を受けたことを少し後悔した。
・バンクを連れていることにフォードからいちゃもんをつけられるカル。そこで一週間後に再戦することを約束する。
・その後さっそく〈天衝塔〉に向かう。だがそのふもとには魔物がひしめいていて、カルでも進むことはできなかった。
・引き返し、作戦を練るが、正面突破をすることは不可能という結論に至った。そこでメイスに相談するが、彼にも突破は無理だという。なら学長に頼もうとするが、メイスは巻き込みたくないと言って協力を渋った。その後、カルはメイスにシンシアを危険な目に合わせないようにと釘を刺された。

・次の日、普通に学校に通うカル達。そこでカルはバランスを崩して倒れこんできた症状に押し倒されてしまう。彼女の名はエミリー・トルネンコ。エミリーは謝ったあとにさっさとどこかへ行ってしまうが、魔術生物の講義の時間に再会する。そこでの魔物に関する深い知識に、カルは感心した。
・授業が終わり、シンシアはカルにエミリーに協力を頼むのはどうだろうかと尋ねる。どこかで見張られているのではと難色を示すカルだが、渋々承諾する。シンシアはフォードがエミリーは見事食いつき、協力はするが、時間がかかるという。
・協力の約束をしたカル達を待っていたのは、シンシアを捕らえるために現れたドミニオンの1小隊だった。必死に抵抗しようとすると、学長が手を出さないようにドミニオンに告げ、撤退する。
・学長に呼び出されたシンシア。シンシアは外出禁止を言い渡され、宿直室で寝泊まりするようにと言われる。
・シンシアを捕らえようとしたドミニオンの小隊は、ハンドラーの尋問を受けていた。そしてそこの小隊長を殺し、カルとシンシアの二人には手を出さないように徹底させる。
・次の日、エミリーが魔物用の薬剤が足りないといい、シンシアは出られないので、カルとエミリーで調達することに。
・その薬剤とは「パウダー」と呼ばれる一種の麻薬だった。渋々闇市に向かう二人。慣れた様子で売人と交渉するエミリーに、カルは少し呆れる。いつも通りの値段で買おうとするが、ドミニオンの取り締まりが厳しくなったせいでまさかの値上がり。手持ちを合わせても買えない額に詰め寄る売人。カルが追い払い、「パウダー」も手に入れる。
・次に、〈天衝塔〉前の魔物を一頭捕らえることに。これにはシンシアも参加。そこでメイスと学長が、〈天衝塔〉前にある旧校舎に入っていくのが見えた。エミリーを置いてついていく二人。
・学長とメイスはどうも幼馴染らしく、反乱組織に協力しているメイスに対して心配しているという内容だった。引き返そうとするが、構造が変化していて帰れなくなっていた。それからメイスと学長に助けられる。
・その晩、知らなかったとはいえシンシアを危険に巻き込んだとしてメイスに殴られるカル。これ以上長引かせると危険が増すと判断したカルは、エミリーの所に行って計画を早められないかと尋ねるが、ダメだと言われた。

・学校にも行かず、メイスの家にも帰らないカルを心配するシンシア。そのころカルは拳闘で金を稼いでは下宿で寝泊まりしていた。
・そんなある日、カルの対戦相手としてメイスが現れ、互いに戦うことになる。そこにシンシアが乱入してきて、無理やりにでも止めさせた。
・結果として、カル、シンシア、エミリー、メイスの四人で〈天衝塔〉に向かうことに。
・エミリーのプラン通り、フェスティバルに紛れて作戦を決行する。〈天衝塔〉の内部に無事侵入した一行は、その奥にゲートを発見する。その先は別の星に繋がっていた。
・そこはジャングルのような場所で、先の崖には宇宙船があった。内部を進むが、そこでエミリーがシンシアを人質にとる。そこで彼女の正体がハンドラーであることが明らかになる。
・シンシアがハンドラーの拘束から抜け出し、三人で戦うが、やられてしまう。カルの〈アンプ〉も破壊されてしまう。バンクが宇宙船の祭壇に捧げられ、〈アンプ〉の形に。
・アンプと化したバンクは自らの意思でカルの右腕に。再び協力してハンドラーを倒す。負け惜しみにドミニオンの援軍が来ると告げるハンドラーだが、代わりに現れたのはフォードだった。フォードが援軍を一人で相手にしていたことが明らかになる。
・崩れゆく宇宙船から脱出するが、ハンドラーはそのまま船と共に崖の下に落下していった。
・最初の依頼を解決したカルは、シンシアにもう少しここに残ろうと思うと告げた。

極光のバベルの返信の返信 (No: 5)

投稿者 ヘキサ : 1 No: 2の返信

投稿日時:

……いちおう、部分的に学園ものにしたSFファンタジー児童文学に荻原規子の「西の善き魔女」があります(全5巻+外伝3巻で、2巻のみ学園ものだった)があるのですが……この分量、公募先のほうの規定量をフツーにオーバーしてたりしませんか? 1シーン5000文字×20場面=10万字くらいでカウントしてみてください。

もし、web公募で1巻まで旅もの、2巻が学園もの、3巻でラストのような構成だったらありかもとは思いますが、「西の善き魔女」の2感を読んだ時の感想としては「……なんか中途半端な学園もの」とか思ってしまったので、かなり微妙な感じがします。やりたければ止めませんが、もし規定オーバーしそうならゴリゴリ削っていきましょう。

それよりも、カーバンクル=アンプ(本編で最も重要なキーアイテム)なのは理解できましたが、藤谷さんの「ハンドラーの目的がわからない」をスルーしていたので、ちょっと私もそこ突っ込みたくなりましたww
こういうはっきりしたバトルものでは、主人公よりも敵の目的のほうが大事です。そこをはっきりさせないと削れる場所も判断できないのでお願いします。

あと、ヒロインの登場・再登場は早いほうがいいです。「西の善き魔女」では幼馴染みだったのでほぼ冒頭からずっと一緒でしたが、ここまで遅いと冒頭の女騎士がヒロインなのかと勘違いしそうです(←私はしました。だってスターウォーズだとこの人レイア姫ポジションじゃないですか……)。一般的にカップリングの誤解は読者にとって期待外れとみなされることが多く、避けたほうがいいです。

また、ヒロインとの「二度の出逢い」があるパターン(一度目は偶然、二度目ではっきり素性がわかることが多い)では、初登場はもちろん再登場までいったところでようやく本編が始動する、というストーリー展開が多く、初動の遅さが気になります。ですが圧縮の目安になる「敵の目的」がわからないので、これ以上の相談はそこを示したうえでお願いします。

……というか、シンシア自体はアンプやハンドラーの陰謀とは関係なさそうなので「二度目の出逢い」が必要なタイプのヒロイン(ストーリー上の重要なキーパーソン)に思えないんですけど……できればハンドラーの次にシンシアの詳細記述をお願いしたいです。ひとまずこれにて。

極光のバベルの返信の返信の返信 (No: 6)

スレ主 七時雨こうげい : 0 No: 5の返信

投稿日時:

ヘキサさん、コメントありがとうございます。ハンドラーについての記述は後に書こうと思ってすっかり忘れてました。一応目的としては「極光」と呼ばれる何か(=バンク)を手に入れることです。そのために主人公たちを利用しようとするというわけです。
シンシアに関しては、当初冒頭に出てくる女騎士が女性ではなかったので登場したキャラだったんですが、今思えば全然必要ないキャラでしたね......ちょっと別の立ち位置にするなどと考えます。
そうすると学園設定も必要ないわけで......かなり全体としてすっきりしそうな感じなので、色々考えてみます。
おかげで頭のもやもやが晴れた気がします! ありがとうございました!

極光のバベルの返信 (No: 3)

投稿者 ふ じ た に : 2 No: 1の返信

投稿日時:

冒頭でパンクを届けるって約束して、それを達成するまでの話ということは分かりました。

あと、読み落としだったら申し訳ないんですけど、あらすじで分からなかったことがあったので、質問です。

カーバンクルのパンクって何者だったんですか?
敵のハンドラーの狙いは?
主人公の設定である〈月の狼〉の生き残りであることが、後半でどのくらい関わってくるのか、あらすじから分かりにくかったです。冒頭でパンクを届ける理由にはなっているのは分かったんですけど。

あと、現状で気になったところは、
・ヒロインの登場が遅いことと、ヒロインの再登場も遅い気がします。
・カーバンクルが宿から逃げ出した理由があらすじから分からず、ヒロインと出会うためのご都合的な展開になっているように感じます。
・捕まったところで兵に助けられたのもどうしてでしょうか。人体実験をするような雇い主なら、ばれたらひどい目に遭いそうなので、兵が主人公を助ける理由があらすじから分からず気になりました。
・魔術学校に入学するのは、〈天衝塔〉に入るためですよね? わざわざ入学しなくてはならない理由があらすじから分かりませんでした。清掃員とか、雇われて学校の敷地内に入る方法は不可能だったんでしょうか。

あと、ご質問の件ですが、なるべくなら学園ものなら学園もので統一したほうが、御作の特徴が「学園もの!」ってアピールしやすくなると思いました。
現状では、旅と学園の両方の要素に分かれるので、どちらも中途半端になる恐れがあります。
ちなみに、入学に至る前の経緯は、説明で済ませても大丈夫だと思いますよ。
「魔術学校にある〈天衝塔〉にこいつを届けなくちゃいけないんだ。死んだ同胞との約束だ!」みたいな感じで。

自分のことを棚に上げて色々と気になる点を書いて申し訳ないです。
なにか参考になれば幸いです。

長所。良かった点

冒頭で趣旨を伝えて、ラストでちゃんと冒頭の目的を達成しているところ。

極光のバベルの返信の返信 (No: 4)

スレ主 七時雨こうげい : 0 No: 3の返信

投稿日時:

ふじたにかなめさん、返信遅れて申し訳ありません。
旅と学園要素が中途半端になる、というのはまさしく一番聞きたかったことで、確かに自分でも感じてはいました。自分の考えた代替案では、プロローグで学園ものであることを示そうかとも思ったのですが、それだと少しダサいなということで現在の形になってます。
あと、ラノベとしてはやっぱりヒロインの登場が遅すぎますかね? 出来るだけ早めたつもりだったんですが、もう少し考えてみます。 

この小説に意見を書く!

他の批評依頼

夜野燈は怪人である(短編用)

投稿者 蛇鷲 返信数 : 13

投稿日時:

まず短編から挑戦した方がいいとご指導いただいたので。 悩んでいる点は大きく三つ 1)変身するか否か 長編予定のアイデアからキャ... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

▼おすすめ小説!

凍った瞳

投稿者 silica 返信数 : 5

投稿日時:

 この作品は、人類補完機構シリーズに影響されて、壮大な歴史に一部を短編として作ろうとしている物です。まだ他の作品は全然出来上がってい... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

たすけて想い屋さん。

投稿者 紫村果汁 返信数 : 0

投稿日時:

無感情者の過去等の描写がとても難しいです。どうかアドバイスを。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:極光のバベル 投稿者: 七時雨こうげい

新人賞公募用のプロットです。長編作品は今まで二作品仕上げていて、ジャンルはSFとスチームパンクでした。本格的なファンタジーは今回で初めてです。話の前半は冒険ものなんですが、後半になると学園ものにシフトします。そのせいで読者が混乱してしまうのではないかという危惧があるのですが、その辺りを教えてくれると幸いです。

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ