リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第4話 全4話で完結

最終話・ヤブ医者先生とのラストバトル

作者 うっぴー 得点 : 0 投稿日時:


 ヒトミの願いを叶えるため、僕は思い切った行動に出た。
 ヤブ医者は、手術の前にコーヒーを飲む習慣があることを突き止めた。
 そこで、彼のコーヒーカップにあらかじめ睡眠薬を塗っておいた。
「きゃーっ、先生!?」
 ヤブ医者先生は、手術室の前でバタンキューをする羽目になった。
 狙い通り。これで奴は手術ができない。
 ヒトミの友達の手術は延期になった。彼に見えていた黒いモヤも消え去った。
 今日、僕は死ぬがこれで喰いはない。
 めでたしめでたし。と思っていたら、また、彼に黒いモヤが見えだした。
「どうやら、日頃の疲れが溜まっていたようだ。だが! 私は、そして現代医学はこんなことでは挫けないぞ!」
 ヤブ医者先生は、無駄にやる気を出して、その日のうちに再び彼の手術を行おうとした。こんなミスをした医者にまだメスを握らせるとは、この病院は何を考えているのか?
 仕方がないので、急いでコーヒーカップに睡眠薬を塗り直したが、コーヒーを飲んだにも関わらずヤブ医者先生は、僕の狙い通り、手術室の前でバタンキューしない。どうやら、精神が肉体を凌駕しているようだ。無駄に少年ジャンプなヤツである。
 仕方がないので、僕は手術室に乱入することにした。
「うわっ、なんだねキミは!?」
「うるさい! 人命最優先だ! そして僕は死ぬ!」
 僕はヤブ医者の頭を金属バットで殴った。もはや、完全にキレた若者である。ニュースになってネットでしばらく騒がれそうだが、今日、死ぬ僕には関係ない。人一人の命を救ったのだ。悔いはない。
 満足した僕の意識は急に遠のいていった。

 気づいた時、僕は病院のベットの上にいた。今日、死ぬ予定だったのに死んでいない。
 僕が余命七日間と思っていたのは、完全に僕の思い違いだったらしい。19歳なのい中2的な勘違いをしていた、ああ恥ずかしい。
 そして、以外なことに、手術室で暴れた僕をヤブ医者先生は介抱してくれたらしい。腕は悪いが意外と良いやつだった。

 手術室で暴れた僕は、完全にヤバイ奴よばわりされることになったが、ヒトミは相変わらず優しく接してくれる。そのことだけが救いだった。

他の小説の第1話

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

Sonata

作者 木倉かなこ 総得点 : 0

投稿日時:

 【不幸】という言葉は何もない日常に、突然降って湧いてくる物である。
それは今までの日常をあっさりひっくり返す出来事でもある。
 そのど真ん中に立った時、とんでもない力と、ありえない事が生まれる事がある。
それが【不幸】なのか【... 続きを読む >>

文字数 : 2,141 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

永久樹の魔女

作者 あすく 総得点 : 1

投稿日時:

 それは、永久樹とわぎと呼ばれていた。
 ある者は天地創生より生える大樹と呼び、ある者は異なる世界へ通じる架け橋と呼んだ。
 しかして、その正体はいまだ不明。わかっているのは、永久樹が膨大なエネルギーを内部に循環させているとい... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,425 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ