リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ホワイトルーム第2話 全10話で完結

ホワイトルームの第2話

作者 大倉 蛍 得点 : 0 投稿日時:


「蛇なんているのか?」
男は大きく頷く。
「ああ、いる。現に、俺は何匹も食べて生きている」

ーーーーーー

「いいから、そいつをこっちに渡せ」
男はそう言って私にナイフを向ける
「あ、あの私がこの人を渡したら、貴方はどうするつもりなの…?」
私はさっきのメールの内容を思い出す。
「さぁな、お前がそれを聞いてどうする?」
男は私を不気味に笑うような眼差しでナイフを向けてくる。
「…あのっ!」
そう私が言いかけた時
……ゴゴゴ
突如大きな揺れとその音が洞窟の中に響き渡る。
「なっ何!?」
女は揺れに耐えきれず崩れ落ちる。私もそして目の前にいるこの男も立っているのがやっとらしい。
ゴゴゴ…バキバキ……
そんな音が続いていると、我々の床にはヒビが入り始めて…
バコーーン!!!
そんな轟音と、共に当たりが割れ始めた…
そして、絵に描いたような割れ方を見せた。
「いやああああ!!」
そんな声と、
「うわああああ!!」
こんな声が聞こえて、私は何故か冷静にそしてまるで起きることを予想していたかのように、壁側によって男の手を掴む。
……とここまではメールにあったように私は動いた。一つを除いて。
私は女を見捨てる事ができなかったのだ。
「(……別にお人好しのつもりじゃないが聞きたいことがあるからな)」
訳の分からないメールだけでは些か心もとないと感じたのだ。
「おい、なんで助けたんだ…?」
男は私の目を見てそう言った。
私はその場は黙って引き上げた、その後女にとりあえず何もするなと、忠告して引き上げた。男は私の忠告をちゃんと聞いた、多分人に恩を売られたのでそれくらいは守ってくれたのだろう。
「あの……ありがとうございます…!」
女は少し照れたような顔でそう言った。
「また地割れがあっては適わないでしょう?場所を変えたいんですがこの洞窟について教えてください。」
すると、ひと間おいて女がこう言った。
「私、とりあえず座れる場所を知っています。こっちです。」
そう言って女が走ってきた方を指さした。

少し歩くと分かれ道、最初は右、そのあと左に曲がったあと、開けた場所に出た。
そこは少し明るく、何も無い場所。でも真ん中には1つ木の芽が咲いていた。
「こんな洞窟の中で芽が咲くのか?」
……そんな疑問がふと零れる
「ここがどんな場所なのか分からない以上何が起きるかなんか、未知数って訳だ。」
男はそう言って、座るにちょうどいい程の岩を見つけそこに腰掛けた。
「この場所が分からないって事はあんたはどこから来たんだよ。」
「そんなもんはお前と同じ所からじゃないのか?」
そう返された
……まぁわかりきった事だが。

「……じゃあ、貴方は私を襲う道理など無いはずなのに…なんで、なんで…貴方はナイフを私に向けたのですか!?」
女は男にそう声を上げて言った。
「お前が人殺しだからだ。」
男は静かにそう言った。
「お前がアイツを殺さなければ、俺は……俺は!血に染ったナイフをお前に向けなかったのに…」
男は悔しそうに頭を抱えた。
「お、おい!お前、俺と一緒に来い!そうすれば、とりあえずの安全は確保してやる!」
男はそう私に訴えかけた。
「何を言って…私はお前を信用したわけでは無い。いきなりそんなことを言われても困る。」
私はいきなり起こったこの全ての出来事を処理するのに精一杯なのに、誰を信じるか、身の拠り所にするのかを今決めることまで考えるのに時間が欲しかった。
「私と一緒に来てください。だってお兄さん、貴方は私の事を信じなければならない
んです。」
「なぜ私が男だと思った。」
私はそれが一番気になった。もちろん私の横にいる男は驚いた顔をしている。
確かに私は男だ。だが、容姿や声の関係上女だと間違えられるのが一般的だ。
ブブブ…
メールだ。
(なんでだ!なんで見捨てなかった!!
もういい!その場を離れろ!今すぐ!!その場を逃げろ!!)
「なんでって…私が…」
女が何かを言いかけた時。
……バコーーン!!!
いきなり壁が破壊されて蛇が私の前に現れた。
女は蛇に吹き飛ばされて倒れている。
男は案外と冷静で、私の手を掴み走り出す。
蛇は女にターゲットを絞ったのかこちらに見向きもしなかった。
私は男に引っ張られるまま、その場をあとにした。

作者コメント

こんにちは!大倉 蛍です!
初めてこのサイトに入って、面白そうだなって思って。初めて自分で作品を書いてみようと思ったのですが、この作品を見て凄い続きを書いてみたいな、僕ならこんな展開にするなって、初心者の妄想ではありますが書いてみました!
良ければ感想下さい!

追加設定(キャラクターなど)

私 主人公。性別は男(容姿はボーイッシュな女の子のイメージ)。
助言者 未来の主人公。
男 サバイバル技術あり。主人公の敵ではない。けれど、本能のままに生きている。
過去に女と因縁あり(?)
女 主人公を監禁した側の人間。スパイ。協力的であるが、すべては情報を筒抜けにし、罠へ誘導するため。主人公に縁の深い人。(仲のいい友人、または妹。)

他の小説の第1話

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 0

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 748 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

終末少年ジャンプ

作者 玉子 総得点 : 8

投稿日時:

「ねえ君、この漫画の終わりってどうなると思うんだい?」

 俺が部室で漫画をパラ見してる時、先輩は突然そんな話題を振ってきた。
 面倒ながらも見やると、彼女が持っていたのは週刊誌。前に俺が買ってきて、適当に放り投げていたやつだ。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

不思議な雪

作者 ミチル 総得点 : 6

投稿日時:

 マミは学校から帰る途中に、不思議な景色に出会いました。
 雲がないのに、雪が降っているのです。青空に舞う雪は、お日さまの光でキラキラ光っていました。少しずつ、アスファルトが白く彩られていきます。
 マミにとって夢のようでした。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ホワイトルームの第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ