リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

テンプレ異世界転生記第2話 全10話で完結

第2話 転生

作者 日本海のピラニア 得点 : 0 投稿日時:


 翔は原 翔という同姓同名の人物に転生した。翔は言葉を話せるようになった頃から不可解な話をして両親を不思議がらせた。そう。前世の記憶である。
 4歳ころになるとその前世の記憶の話はエスカレートしていった。しかし、両親は想像力が多感な子どもの空想だと思っていて気にも留めていなかった。そして6歳の誕生日を迎える。ついに、全ての記憶が戻る。


 ………。
 なるほど。天使の言っていた通り、ちょうど6歳に前世の記憶の全てが新たな肉体の脳にインプットされたわけか…。
 しかし、驚いた。まさか前世と同姓同名だとはな。しかも言語も日本語だ。どうやら前世の地球・それも日本に近い異世界に転生してしまったらしい。ただこの星の名前は「壱」でこの国の名前は「和」だ。さらに違うのはここの星の科学力は地球の21世紀相当のものだという事だ。前世の地球はちょうど100世紀。実に79世紀も前の時代遅れの科学力だ。
 僕は、前世の記憶を活かし、漢字や英語・フランス語・中国語・イタリア語・スペイン語などで小説を書いて見せて親や幼稚園の先生を驚かせた。書いた小説は100世紀の地球の人気作の丸パクリだ。だが、そんなのは彼らにはバレるはずもない。
 さらに僕は因数分解や微分積分・4次元方程式・5次元方程式も解いて見せた。

「こんなのは100世紀では、小学1年生レベルの問題だ」

 僕は100世紀の地球の小学生レベルの問題を次々時、周りの大人たちを驚かせた。

「翔くんすご~い!!!」
「こんな難しい問題を解けるなんて!一体誰から教わったんだ?」

 大の大人が6歳児である僕に尊敬の眼差しを注いでいるんだから実に面白い。大人たちは勿論、周りの子どもからも僕の凄さを羨ましがられた。

「翔ちゃんすごいね!ちゃんと漢字も書けるなんて!」
「外国語も話せるなんてスゴーイ!」
「こんなに難しい算数も解けるのね!」

 当然、女の子からもモテモテである。しかし、こんな小さい子にモテても嬉しくない。
 僕の事はSNSで瞬く間に拡散され、天才園児として有名になった。テレビからの取材も止まなかった。
 そして、ついに議員までもが僕に目を付けた。僕を飛び級措置をとって卒園後、大学に進学させてくれるという話になった。その大学は「首都大学」。和で一番偏差値が高い大学だ。

「100世紀の知識を持ってすれば、この国…いや、この星を支配するのも時間の問題だな」

 僕は大きな野望を抱いた。それはこの星・壱を征服する事である。そのためには、大学で功績を作るのが一番の近道だと考えた。
 僕の野望に向けた大学生活が幕を開けようとしていた…。

作者コメント

ダブっているので削除申請したのですが、通らなかったようなのでこっちはこっちで別分岐として使わせて頂きます。
こちらのプロットは
「100世紀の大学生・原 翔が死んで21世紀風の異世界に転生して無双するお話。異世界転生物のテンプレ小説。」だけです。
向こうはプロットを固め過ぎて自由度がないという意見を頂いたので、こちらは100世紀から21世紀程度の異世界に転生して無双する以外のプロットは自由という事にしました。
コメント欄に書いてあるプロットは無視して下さって結構です。
本来は設定欄に書くべきことをコメント欄に書いてしまいました。コメント欄のプロットを設定欄に書き直して投稿し直したのもあるので、そのプロットを使う場合は向こうに投稿してください。
こちらの1話のコメント欄は無視して下さって結構です。
ですので自由に書いて下さい。

追加設定(キャラクターなど)

なし

他の小説の第1話

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜

作者 鷹人 総得点 : 2

投稿日時:

...........眩しい。

ぼくは白い、ただ真っ白な光の中を漂っていた。

ぼくという存在を優しく受けとめてくれる。
そんな光。

ここは何処なのだろう?

ぼくは.............
ぼくという存在は.......... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 3,843 投稿数 : 14 全話数 : 4話完結

福音のモーラ

作者 氏号一 総得点 : 0

投稿日時:

 夏の夜空に駆ける星。僕の目はまだたくさんの光が見えていた。大人になるにつれて少しづつ消えていったように思える。ただ目が悪くなって見えなくなったと思いたいんだ。何故なら僕はまだ子供だから。キラキラした世界を夢見ていたい、そんな年だから... 続きを読む >>

文字数 : 880 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

満月の夜、お前は俺を襲う

作者 エスビー 総得点 : 1

投稿日時:

 ちび共が待つ自宅への帰路を急ぐ途中。立ち止まったこうたは、ふと夜空を仰いだ。
 秋の夜長によく似合う、大きくまん丸い月。今まで見てきた月の中でダントツのサイズを誇るであろうそれは、普段風情など欠片も意識しないこうたですら、思わず見... 続きを読む >>

文字数 : 1,423 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

テンプレ異世界転生記の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ