俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三度目の父の離婚や藍浴衣

作者 はちこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

また離婚するってメール来ました。そこから発想を得ました。

最新の添削

「三度目の父の離婚や藍浴衣」の批評

回答者 登盛満

こんにちは。春暑しの句へのお言葉いただきありがとうございました。初心者なもので、とても励みになりました。
御句拝読させていただき、藍浴衣が素敵だと感じました。シャキッとした藍浴衣姿の背筋を思い浮かべ、動じなさのようなものが表現されていると思いました。「出藍の誉」と言う言葉も思い浮かびました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

二人目の継母去りて藍浴衣

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

はちこさん、初めまして。
先日は拙句への批評ありがとうございました。

御句、背景が色々見えて来る句ですね。3回も離婚しちゃう父ちゃん…
最初に離婚した時の実母が「これだけは持ってなさい」と藍の浴衣を渡してくれたんかなーと、色々想像が出来る句です。

気になったのは「三度目の父の離婚や」です。情報の提示として直接的過ぎるといいますか、もっとさり気なく父の離婚を表現したく思います。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

瓜漬や父の離婚は三回目

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

拙句にコメントありがとうございました。参考にさせていただきます。

御句、景は薄いですがストーリーがあるタイプの句ですね。「藍浴衣」を取り合わせるセンスはまだ私にはなく、うらやましいです。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「三度目の父の離婚や藍浴衣」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句へのコメントありがとうございました。
御句・・中七までの情報は外せないとなると、取り合わせた季語の是非になるのでしょうね。一度目なら「春の雷」(月並みですが)、三度目なら淡々と受け止められるということで「浴衣」。そう解釈しました。この解釈でいいのなら、季語が効いていると思います。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

頂の雪輝かせ初日の出

作者名 よした 山月 回答数 : 5

投稿日時:

うつくしき焚き火恐るる馬と鹿

作者名 負乗 回答数 : 10

投稿日時:

雨上がりの吉野川ふぶく二度目の遅桜

作者名 ひろ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三度目の父の離婚や藍浴衣』 作者: はちこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ