俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

永き日といえど次男の鉄砲玉

作者 藤井茂  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「言えど」は「いえども」とどちらの表記が正しいのでしょうか。
宜しくお願いします。

最新の添削

永き日や次男は鉄砲玉のごと

回答者 イサク

こんばんは。

こちら、すみませんが句意がわかりません。
自分が次男の言いなりになっているということでしょうか?
次男が自由に飛び回っていて、その面倒をみるのが大変ということでしょうか?
それとも別の意味でしょうか・・・?
「と言えど」の接続が、意味がわからない状態ですね。

「・・・と言へど」「・・・と言へども」はどちらも用例があり、どちらが正しいというわけではないようです。現代語では微妙~~~にニュアンスが変わりますか?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

吾生まるる大晦日九時酉の年

作者名 佐渡 回答数 : 8

投稿日時:

夏日傘成り行き任せの恋に落つ

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

春隣屋根のシートを揺する風

作者名 そうり 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『永き日といえど次男の鉄砲玉』 作者: 藤井茂
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ