俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大掃除こたつを惜しむ春の風

作者 からあげ花子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春になってもこたつを仕舞えない病とも言う

最新の添削

「大掃除こたつを惜しむ春の風」の批評

回答者 腹井壮

からあげ花子さん、こんばんわ。はじめまして。大変申し訳ありませんがこの句には「大掃除」「こたつ」「春」と三つも季語があり何を伝えたいのか焦点がはっきりしません。「春炬燵」という季語がありますのでもう一度再構築されてはいかがでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪来るを気づきゐるらし寒鴉

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨の底光放てる深海魚

作者名 みそまめ 回答数 : 5

投稿日時:

白南風の運ぶ白雲通知表

作者名 流れ星 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大掃除こたつを惜しむ春の風』 作者: からあげ花子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ