俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花筵五人の一人座らざり

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ソメイヨシノはまだですが、早咲きの桜はちらほら咲いていますね

最新の添削

「花筵五人の一人座らざり」の批評

回答者 優子

イサク様 良い俳句で気分が晴れました。ありがとうございます。ただ、自分ではなかなか思い浮かばず、う〜ん、という感じです、早くイサクさんの様になれれば良いのですが。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花筵五人の一人座らざり」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

数詞シリーズ3弾ですね。これは俳句らしい俳句で私にもわかります。よいですね。
ほどよい謎解きもありますし。四人で一人というと何か「寒い」感じがしますが、五人だから、お花見の楽しさは壊れていませんね。この数字成功だと思います。

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「花筵五人の一人座らざり」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。春雷の句への添削いただきありがとうございました。なかなか発想力が乏しくて、「日記」になってしまいます。勉強中とは言え、読んだ方が、「、、、だから?」と言った句になりがちで困ったものです。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

花筵五人の一人座らざる

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサク様。こんばんは😊
意趣は、意味深で、おもしろいと思います。ただ、下五の「座らざり」ですね。文語文法的に、間違いだそうです🧐
この、「ざり」ですが、虚子ほどの俳人でも、誤った使い方をしているそうです。ここは、「ざりき」とつながらなければ、いけないようです。それができなければ、やはり、連体形「ざる」で切るのが、良いようです。イサクさんほどの人に僭越ですが、ぜひ検索してみて下さい。
「ざり」止めは、ないという話です。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初版本昔日の香の秋灯下

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

更衣古絹の匂ひ袋出づ

作者名 ののか 回答数 : 5

投稿日時:

病室の妻ボトル開け寒き朝

作者名 晴峯旬草 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花筵五人の一人座らざり』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ