俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春雷を忘れし山に日の当たる

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先程まで、土砂ぶりの大雨で雷がゴロゴロ鳴っていた。雨が上がったなあ〜と、ふと外を見たら、向こうの小山が赤く染まっていて驚いた。反対側の空は夕焼けが美しく、大雨だったのが嘘のよう。

最新の添削

嵐のち山染めるなり春夕焼

回答者 イサク

おはようございます。

御句そのままだと「山では雷が以前鳴っていて、今は山は晴れている」という句になっていますね。
時間経過を句に入れ込むのは、あまり勧められませんが・・・特に御句では季語「春雷」がすでに過去の話で、句の主役が「日の当たる(夕景?)」ということになっているので・・・
「雷」が印象に残っていたことは伝わりますので、それは「夕景」とは別に、もうひとつ作ってみた方がいいかもしれません。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ラテのハート恋か思案す鳥曇

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

桜見て会釈の仲となりにけり

作者名 いつき 回答数 : 1

投稿日時:

我は子に娘は母になる夢の朝

作者名 田中喜美子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春雷を忘れし山に日の当たる』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ