俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蒜の一欠けのみを刻みけり

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

旨味と、翌日の仕事への心配との天秤

最新の添削

蒜を少し香らすランチかな

回答者 よし造

拙句 木の芽雨・・いつもコメントありがとうございます。まだ、分かりませんが考えて見ます。
御句・・この句も私には難解。コメントを先に読まないことにしているので。「料理を手伝っている景」、「ひと欠け」に香りの王様を考えたのかとか。コメントを読んで句意は分かりましたが、よほど大量に食べなければ、朝まで匂わないのでは。
添削ではなく、これではつまらないといわれそうですが、平明な私の句です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蒜の一欠けのみを刻みけり」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

「ひとかけら」という意味の「一欠け」だと思うんですが、もしそうなら「一片」とした方が意に近くならないかな?と思います。

仕事を控えてニンニクを躊躇するというのは共感出来る内容です。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「蒜の一欠けのみを刻みけり」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

拙句への添削いただきありがとうございました。はい、パッカブルバックとかパッカブルヤッケとか、スーツケースに支度する楽しみも今は出来なくて寂しいです。
御句、拝見させていただきました。料理レシピなどでは、ひとかけはたいてい平仮名のことが多いので、「一欠」より「ひとかけ」の方がニンニクの映像が浮かびやすいかと感じました。女性だけなのかもしれませんが。

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

トビウオのアーチくぐって春を待つ

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

消印とご当地切手きりたんぽ

作者名 鳥越暁 回答数 : 7

投稿日時:

梅東風や素早く散りぬ小魚よ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蒜の一欠けのみを刻みけり』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ